2005.01.31 2005/01/31 (MON)

●有楽町で映画「オペラ座の怪人」を観る。有名なミュージカルてのはわかるが映画でも歌いっぱなしじゃん!画はキレイでしたが、まあ一つの教養として観ときましたって感じで。仕事じゃなきゃ観ないな…。

●DVDを観る。THE QUARRYMEN / THE HIGH-LOWS「PUTTIN' ON THE STYLE」ハイロウズは数年に一度、自らが尊敬するロックの先人を招いてライブしてんですって。最初は TOM ROBINSON、次は JONATHAN RICHMAN。そして 2003年は THE QUARRYMEN。このバンドはあの THE BEATLES前身バンドJOHN LENNON の初めてのバンドで、メンバーがちょっとづつ入れ替わってあの「黄金の4人組」 "THE FAB FOUR" が揃ったという。ここまではいわゆる教科書的知識。だけどこの THE QUARRYMEN「黄金の4人組」以外の人たちがいまだ活動してたってのは初耳でした。このDVDはビートルズになりそこねた出ガラシさんの貴重な来日公演を収録。見た目普通のおじいちゃんたちが演奏するのはロックンロール上陸以前のイギリスで流行ったスキッフルという音楽。「これがスキッフルさ!オレたちは56~57年から変わっちゃいないぜ!」微妙だよおじいちゃん…。しかしロックとは、かくも人の人生を転覆させるもの。THE QUARRYMEN はロックの「業」を示す生き証人。そして THE HIGH-LOWS もロックに全てを捧げた巡礼者。甲本ヒロトのガリガリな身体は、チベットの霊峰を五体投地で這い登る巡礼と同じ。僕らは今ロックの聖者を見てるのです。

THE QUARRYMEN : THE HIGH-LOWS「PUTTIN ON THE STYLE」

スポンサーサイト
2005.01.30 2005/01/30 (SUN)

●地元下北沢では、天狗祭りなる行事が行われている。2mの大きな天狗のお面が商店街を練り歩く。息子ノマドはこれが怖くてしょうがない。肩車で天狗に近寄るとおびえまくる。

●その下北散歩のついでにディスクユニオンで無駄使い。激安ワゴンから以下を購入。
MADONNA の制作で名をあげた WILLIAM ORBIT のソロ、まだ持ってなかった THE BLACK CROWES のアルバム、イタリアの歌姫 FILIPPA GIORDANO、JOHN MAYALL & THE BLUESBREAKERS の66年のライブ、そして GEORGE CLINTON の82年のソロ。そしてレーベルで狙った買い物。BEAT GENERATION シリーズで知られる BBE から出た PETE ROCK「THE SURVIVING ELEMENTS」SOUL JAZZ RECORDS 100枚目のリリース「NICKY SIANO'S LEGENDARY - THE GALLERY - THE ORIGINAL NEW YORK DISCO 1973-77」。ハウス革命直前のNYクラブシーン。最近気になるHIP HOP レーベル STONES THROW MONK HUGHES & THE OUTERREALM「A TRIBUTE TO BROTHER WELDON」APHEX TWIN が主宰するマニアックなテクノレーベル REPHLEX からは「GRIME 2」。今話題の GRIME ってスタイルのダンスミュージックを、REPHLEX がどう料理するのか期待大。

●コドモたちとともにDVDを。「ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」。ドラムービー 25TH ANNIVERSARY。泣ける。1STドラ「のび太の恐竜」の時、僕は6歳。親子二代で楽しむ「ドラえもん」はもはや「ミッキーマウス」とか「くまのプーさん」に匹敵するクラシックです。目指せ100年ブランド。 ちなみに僕のフェイバリット・ドラは「のび太の雲の王国」。これはスゴい。のび太被告死刑執行?とかドラえもん自爆?とか見どころが多すぎる。無論存分に泣ける。

「ドラえもん のび太のワンニャン時空伝」

●明日から始める予定だった仕事が一つキャンセルに。ホッとしてしまった。


2005.01.28 2005/01/28 (FRI)

●会社の近所で、風味堂という名のピアノトリオのバンドがフリーライブをやっていたので観る。どこか CARPENTERS、どこか BILLY JOEL、でも骨もあるバンド。この7年でエレピ5台破壊したという躍動的なピアノプレイ。

●読書。ムック「まるごとモッズがわかる本」。僕にとってネオモッズの時代は未開拓。勉強になりました。もう一冊ムック「FLASHBACK SERIES GRUNGE / ALTERNATIVE」。 グランジはずっぽりリアルに僕の時代。あの頃の雰囲気が今だに僕の世界観に影響してます。塩野七生「パクスローマナ」上中下巻。ローマ初代皇帝アウグストゥスのお話。

「まるごとモッズがわかる本」

&RECORDS というレーベルのアーティストをいくつか聴く。+/- (PLUS/MINUS)、OWEN、JUNIORBOYS、GIRLS IN HAWAII。音響派、ポストロックを通過したギターアコースティック。安眠に気持ちいい。



2005.01.26 2005/01/26 (WED)

●なにげに仕事が忙しく、月曜から二晩徹夜してしまった。木曜も徹夜。しんどい。

●ワイフの報告によると、新宿を歩いていたら息子ノマド3歳が芸能プロのスカウトに声をかけられたという。

●最近は洋モノ女子アイドルを聞く場面が多い。CHRISTINA MILIAN、STACY ORRICO、HILARY DUFF、KELLY CLARKSON、LINDSAY LOHAN、NATASHA BEDINGFIELD。さすがに飽きます。いいのか今のキッズはこんなもんで!

●名古屋の大物MCシーモネーターが メジャーと再契約。なんと「SEAMO」と改名、さだまさし「関白宣言」をカバー。えっ?セルアウト?聴いてみたけどパンチがない。ちょっとショック。C/W曲の高速ラップの方が100倍いいよ。へんなカッコでオーバーグラウンド狙ってないか?後輩の名古屋勢(nobodyknows+HOME MADE家族)の活躍に焦ってる?

SEAMO「関白」(SEAMO「関白」)

2005.01.23 2005/01/23 (SUN)

●寒い寒い。風邪引いたかな。雪まで降ってやがる。

●新着音源チェックの旅。セントルイスのMC CHINGY のセカンド「POWERBALLIN'」CHINGY といえばヒット曲「RIGHT THURR」「HOLIDAE INN」。鼻にかかったやる気のないフロウ、それでいて麻薬的に耳に残るフック。だけど、このアルバムにはそんなキャッチーな曲がない。さみしいね。そして ICE CUBE「GREATEST HITS」N.W.A. の時代から戦い続けるオリジナルギャングスタのソロベスト。AFRA「DIGITAL BREATH」。日本人ヒューマンビートボクサーを PREFUSE 73 がプロデュース。ヒューマンビートボクシンの CDってスゴすぎて普通に聞こえるのが弱点よね。でも PREFUSE 73 はそこからさらにサンプルしすぎててもうなんだか分からない。

AFRA「DIGITAL BREATH」

2005.01.22 2005/01/22 (SAT)

●昨日は職場の新年会。くじ引き大会で「KILL BILL」のシャツをもらった。

●今日は東京ドームシティ「ボリショイ動物サーカス」を観に行く。ぞうさんやくまさんの芸を見せればコドモたちはさぞ喜ぶに違いない。と思ったが、その前に遊園地で遊びすぎてサーカスが始まったら爆睡を始めやがった。必死に揺り動かして起こすが、コドモたちの感動はイマイチ。ただし空中ブランコや馬の曲乗りには手を叩いて反応。ぞうさんと一緒に記念撮影もした。

2005.01.20 2005/01/20 (THU)

●徹夜明けでホントにグッタリ。明日も朝5時出勤。仕事が切れません。

●ディープファンクのディスクガイド「FUNK45'S」をメチャ楽しんで読んでます。7インチシングルに命を懸けるコレクター魂。伝説的DJ、KEB DARGEDJ SHADOW (A.K.A. JOSH DAVIS) の漁盤エピソードにウットリ…。アメリカのド田舎につぶれたレコード屋を発見して心ゆくまで盤をあさる…。知られざる名盤を探して広大なアメリカ中西部を走り回る…。いいねえ。紹介されてる7インチは一枚も持ってないけど、コンピに入ってた未知のバンドの正体が分かったりして感動。いい本だ。

「FUNK45S」

●DVD「エンタの神様ベストセレクションVOL.1」を観る。あの「エンタの神様」の厳選優良ネタ集です。これを観てて、今のネタ芸人ブームの性質に気がついた。今の芸人って、一つが約40秒以内で完結するネタフォーマットを重ねてくスタイルが多い。波田陽区「ギター侍」長井秀和「間違いない」だいたひかる「私だけ」レギュラー「あるある探検隊」いつもここから「どけどけ」などなど。これテレビの編集にとても便利。5分とか長い時間を使う漫才やコントは、序盤がタルくて笑いのピークがなかなかこない。けど約40秒ネタの連発だと、細かいピークの連続が持続できるじゃん。しかも面白くないとこをバッサリ削ぎ落とすのも簡単。前後の文脈が関係ないから。伏線や段取で面白くするコントは後から編集で短く出来ないからね。「エンタ」ってテレビ的だね納得。でも一方で、ドランクドラゴンとかアンタッチャブルとかアンジャッシュとかインパルスとか、コント派の優秀な人たちもいるからこのブームはホントに層が厚いと思います。

2005.01.18 2005/01/18 (TUE)
●仕事の用事で赤坂を歩いてたらハードコアな韓流の店を発見。名前は「KAVE」 KOREAN AUDIO VISUAL ENTERTAINMENT の意で流行の韓流ドラマDVDがワンサ。店員さんも韓国人で商品に詳しい。思わず韓国HIP HOPを購入。セールで輸入盤全部1000円だし。買ったのは JOOSUC 「SUPERIOR VOL..1 THIS IZ MY LIFE」。ワールドカップの時にソウルで買った盤では、横浜 OZROSAURUSMACCHO とコラボしてた。そして店員さんオススメのHIP HOPコンピ「YG FAMILY 2 97-02」。この YG ってのは、韓国HIP HOPの先駆 SEO TAIJI AND BOYS のメンバーが作ったレーベルなんだって。そしてこのレーベルのイチオシ 1TYM(ワンタイムと読む)の「ONCE N 4 ALL」を購入。
●映画「MAKOTO」を観る。郷田マモラのマンガを映画化。出演:東山紀之 室井滋 哀川翔 ベッキー。幽霊が見えちまう死体監察医の話。むむむ味が薄い。マンガの方が面白い。
●久しぶりのCDバカ買い。渋谷TOWERで 23枚+DVD1枚。今回は最近のロック~ダンスパンクを中心に、ルーツもの&HIP HOPも少々。以下列挙。LCD SOUNDSYSTEM「LCD SOUNDSYSTEM」。!!!(CHK CHK CHK)「!!!」「LIVE! LIVE! LIVE!」。BLOC PARTY「BLOC PARTY EP」「LITTLE THOUGHTS EP」。LADYTRON「604」。BLACK DICE「CREATURE COMFORTS」。KINGS OF LEON「AHA SHAKE HEARTBREAK」「YOUTH & YOUNG MANHOOD」。THE VINES「HIGHLY EVOLVED」。THE MUSIC「WELCOME TO THE NORTH」。KASABIAN「KASABIAN」。OZOMATLI「STREET SIGNS」。RUFUS WAINWRIGHT「WANT ONE」。SECRET AFFAIR「GLORY BOYS」。THE MUSIC MACHINE「THE VERY BEST OF THE MUSIC MACHINE」。CECILIO & KAPONO「NIGHT NUSIC」。ROBERT JOHNSON「KINGS OF THE BLUES」。RJD2 「DEADRINGER」。KANYE WEST「FRESHMEN ADJUSTMENT」。LIL JON & THE EAST SIDE BOYZ「CRUNK JUICE」。VARIOUS ARTISTS「SOULSHAKER」「GETTIN' SOULFUL」。そしてDVDは映画「STANDING IN THE SHADOW OF MOTOWN 永遠のモータウン」

MAKOTO 完全版 (アクションコミックス)MAKOTO 完全版 (アクションコミックス)
(2005/08/27)
郷田 マモラ

商品詳細を見る
2005.01.18 2005/01/17 (MON)
樹木希林、乳がん告白。医者の「今は乳房を温存できます」との言葉に「温存してどうしようというのですか?」と切り返すあの諦観ぶり。スゴい。ああいう歳の取り方をしたい。
●昨日今日2日連続ラーメン。東銀座・函館ラーメン「船見坂」と赤坂見附「赤坂ラーメン」
●マンガヘッド生活。松本大洋「ナンバーファイブ」第7巻。虹組ピンチ。No.王ピンチ。福島聡「機動旅団八福神」第1巻。ひねくれ者の徴兵生活&全体主義。
●新着音盤。サンボマスター「サンボマスターは君に語りかける」。 久々のグッドロック!ZAZEN BOYZ、アジカン、GOING UNDERGROUND、くるりなどなど、なぜメガネがここまで今のロックに相性がいいのか?ロックはかつてクラスで一番カッコいいヤツのもんだった…今はクラスで一番カッコ悪いヤツのもんになってる…。でもそれでよし!それがロックの生きる道!

サンボマスターは君に語りかけるサンボマスターは君に語りかける
(2005/03/24)
サンボマスター

商品詳細を見る
2005.01.16 2005/01/15 (SAT)
●昨日は会社を辞める同期の送別会。朝5時まで飲む。そして今日は朝9時から息子ノマドの幼稚園見学会。幼稚園の先生って大変だね。こんな小さな生き物たちを楽しませつつ組織化するって。
ドラゴンクエスト、レベル50。一度クリアしたんだけど、なぜかサイドストーリーが始まった。新しく現れたダンジョンが手強くて大変。
二ノ宮知子「のだめカンタービレ」第11巻。パリののだめ苦闘編。
●新着音源。UKのピアノトリオ KEANE「HOPES AND FEARS」。日系4世シンガー RACHEAL YAMAGATA「HAPPENSTANCE」。RAY CHARLES「GENIUS LOVES COMPANY」。生前最後の録音。

Hopes & FearsHopes & Fears
(2007/05/28)
Keane

商品詳細を見る
2005.01.10 2005/01/09 (SUN)
●おととしから去年にかけて挫折の苦さを味わったスポーツクラブに、再び入会してしまった。全然自信ない。しかしウチの職場は今2人もダウンしてるし(糖尿と運動不足からくる腰痛が原因)、なんだか怖くなってきたので。今度のクラブは代々木上原で24時まで営業してるってのがウリ。がんばって健康になろう。
●侍ジャズ PE'Z のライブDVD「兆し-KIZASHI-」を観る。侍ジャズのソウル路上武者修行。韓国ソウルに路上ライブで殴り込む5人の武士。初めて見る音楽に素朴に感動してくれるソウルの聴衆のキラキラした目が印象的。地下鉄の駅構内でプレイできるソウルのおおらかさにビックリ。東京じゃ無理。
●個人的新着音源を報告。 THE BLACK CROWES「LIONS」。三つ目ライオンのジャケがサイケな01年作品。このバンドが作るグルーヴはスゴいっす。 ゆるいミドルテンポがルーディに見えるけど、粘るようなウネリと音の密度感が歯ごたえ満点のコシを作る。ぶっきらぼうなギターリフが実は楽曲の背骨として 大活躍。こんなことやってるバンドってありそうで全くいない。アメリカンロックの王道。ブルース度が高いという意味で、AEROSMITH よりもアメリカンです。もっと評価されていいのに現在活動休止中らしい。

LionsLions
(2001/05/08)
The Black Crowes

商品詳細を見る

2005.01.09 2005/01/08 (SAT)
●今日は日本武道館プロレスノア大会「GREAT VOYAGE '05」を観に行く。趣味ではなくて仕事なんだけど、メインの小橋健太 vs. 鈴木みのるは素朴に楽しんでしまった。
●読書。長塚奈央「上海口福案内」。上海で見つけたおいしいフードを写真で撮り 集めました。著者の長塚さんは実はボクの高校時代の友達。フリーカメラマンの彼女は前から上海にハマってて、路上で見つけた食べ物を個人的に撮りためてたという。しかし恐るべし上海。39円で腹一杯ラーメン食える と思えば、600円のレモネードも堂々と売られてる。同じ街でこの振り幅。確かに上海は面白いのかも。しかもたった今の上海が。

上海口福案内上海口福案内
(2004/11)
長塚 奈央

商品詳細を見る
2005.01.05 2005/01/05 (WED)

●今日は娘ヒヨコの2歳の誕生日。昨日青山のお人形屋さんに行って、ドイツの赤ちゃん人形を買ってきました。寝せると目を閉じるちょっとリアルめなヤツ。 重さまでリアルでカワイくないので、こんなニーズないんじゃないのと思うのだが、ワイフは同じ女子の視点から赤ちゃん遊びに重要なアイテムと主張。実際ヒヨコ本人はダッコとかしてかなりお気に召した様子。命名「イチゴちゃん」。枕元において共に就寝。
●メガネをしながら眠ってしまい、思い切りひん曲げてしまった。時計のネジがとれて、動かなくなってしまった。デジタルカメラもレンズシャッターを壊してしまった。どうしたんだ一体?
●でもめげずに、自分なりの新着音源をモリモリ聴いてます。JAMES IHA「LET IT COME DOWN」。THE SMASHING PUMPKINS の日系人ギタリストが98年に出したソロ。日系ってこともあって見た目がホントその辺のギター少年で、無意味に親近感を抱いてました。音楽の中身もホントその辺のナイーブなギター少年て感じ。
LISA LOEB「THE WAY IT REALLY IS」。BEN STILLER、WINONA RYDER の映画「リアリティ・バイツ」(名画!)のサントラから「STAY」と いうヒット曲を出したメガネ美人のお姉さん。その彼女が04年に出した新譜。90年代的なギターポップは相変わらず。
THE HOUSEMARTINS「LONDON 0 HULL 4」。 今では FATBOY SLIM の名で知られる NORMAN COOK が80年代に在籍していたバンドのファースト。無敵のビッグビートDJというイメージはここにはありません。リリカルなギターポップ。
DEPECHE MODE「SONGS OF FAITH AND DEVOTION / LIVE...」。93年のライブ盤。相変わらず暗い。97年に出した「ULTRA」ってアルバムはカッコよかったんだけど、これはムムム。

London 0 Hull 4London 0 Hull 4
(2009/03/24)
The Housemartins

商品詳細を見る

2005.01.04 2005/01/04 (TUE)
●あけおめです。今年初めての更新でございます。いろいろな意味で今年も新しいことにチャレンジしていこうと 思ってます。個人的にはやりたいことがいっぱいです。そんな31歳の毎日に、今年もおつきあいください。ことよろ!