クリスマスだったねー。にぎわう渋谷の様子。

IMG_3459.jpg

すでに、中学生になった我が家のコドモたちにも、まだサンタさんはプレゼントを几帳面に届ける。
●妹ヒヨコには、ジブリのペーパージオラマキットたくさん。手先が器用だからせっせと作って遊ぶだろう。
●兄ノマドには、KORG の MIDI キーボード。USBケーブルでMACにつないで鳴らす。サンタは音源ソフトのダウンロードや設定まではしないから、音が出るまでのケアはボクの任務。
●ボクはボク自身にCD買ってる。ジャズとレゲエのCDを10枚ほど。一枚の単価は100〜500円程度だったよ。年末セールの季節かな?

BGMはドラマ「GLEE」のクリスマスアルバムでした。

「GLEE THE MUSIC THE CHRISTMAS ALBUM VOLUME 3」

「GLEE: THE MUSIC, THE CHRISTMAS ALBUM VOLUME 3」2013年
●最近またドラマ「GLEE」にハマり出しました。主要メンバーが高校を卒業したシーズン3で達成感が満足しきっちゃって続きが見られなかったんだけど、今はその先のシーズン4を見てる。高校グリークラブには新メンバーが登場。卒業生たちのアチコチでの活躍もたっぷり盛り込まれててやっぱおもしろい。相変わらずの見事な楽曲カバーセンスと社会への批評センスが最高。
●そんで、おキマリのクリスマスエピソードもしっかり収録。そこだけを切り出したサントラがこちら。すでに三枚目。「SILENT NIGHT」「JOY TO THE WORLD」「THE FIRST NOEL」などトラディショナル楽曲多めです。ユダヤ人役であるパック&ジェイク兄弟はクリスマスをお祝いできないので、同時期にお祝いするハヌカーというユダヤの行事の歌「HANUKKAH, OH HANUKKAH」BARENAKED LADIES バージョンを披露してる。あと、今は亡きフィン役の CORY MONTEITH が最後に JOHN & YOKO「HAPPY XMAS (WAR IS OVER)」を披露してくれてる。
●シーズン4のクリスマスエピソードは、ヒュー・グラントの映画「ラブ・アクチュアリー」へのトリビュートになってるらしい。「GLEE」音楽だけじゃなく、様々な映画やミュージカルを引用してくるので、こっちは後追いで元ネタをたくさん鑑賞しなくちゃいけない。罪なドラマだよ。


年末に駆け込みの人間ドック。
●軽くショックを受けたのは、また体重が3キロ増えたことなんかじゃなくて「骨年齢が50歳代になってますねー」という看護師さんの発言。マジかよ!2020年東京五輪を超えて、ボクの骨だけ10年先の未来にいたわ。
●あとは…最近朝に鏡を見て思うんだけど……ボク自身の顔が、父方の叔父に似てきた気が…。父母どっちの顔にもそんなにカブってないねーなんて思ってたんだけど、よもや叔父に接近とは予想外の展開。


バレエの発表会もあったんだ。
3歳から続けてるヒヨコのバレエ。大勢の同期がいたんだけど徐々に淘汰されて、中学生になっても教室を続けてるのはほんのわずかになってきた。上の世代の先輩を見れば、コンクール出場を狙うような本気モードの人ばかり。で、うちのヒヨコがコンクールに出るか?といえば「違うよ!そんなんじゃないんだよー!ヒヨコはね踊ってるのが好きなだけなの!」ということで興味がないらしい。研ぎ澄ますような真剣さで週4〜6日もスタジオに通って練習するオネエサマ・グループの最末席に入れてもらったはいいけど、緊張感なしでただ練習を楽しんでるヒヨコは圧倒的に異端の存在。しかも、どんなに怒られても居残りになってもケロリとしてる。踊るのが好きなだけだからね。コンテスタントとしての期待は一ミリもされてないけど、無心でバレエを楽しんでるヒヨコは、実力とは別の意味で先生から好感を持ってもらってるようで。

●そんな状況もあってか、今回の発表会では初めてソロの演技をするチャンスをもらった。いろいろなスタジオから中高生のバレリーナが集まってソロを踊る催しにエントリーさせてもらったのだ。今までは大勢のグループの中の一人という存在。しかし今回はたった一人で舞台を独占する。たった2分程度だとしても、そりゃ事件だわ。この準備で最近は遅い時間までコッテリ練習を連日してた。
●さすがに10年近くも発表会を眺めているので、ヒヨコのバレエメイトの顔や名前は覚えたよ。お年頃を迎えて手足がスラッと伸びた子もいる、へーあんなに足を高いトコロまで上げられるんだー。そんな少女たちの成長ぶりも勝手に愛おしいと思ったり。バレエの知識は全く蓄積されてないので技術の良し悪しは判断できないけどね。
そんで、ヒヨコの登場。スラッとした子ばっかり出演してた中で、人一倍ちびっこで、しかもアチコチがまるまっこい体型に、微妙な違和感が…。いやいやヒヨコ単品で見ると、愛娘のひいき目を除いたとしても一時期に比べれば大分スレンダーになったんですよ。ただ周囲が超スレンダーなもんで。バレエの舞台の上に立つと…なんだか一人だけ地球の重力に強く引っ張られてる感じ。同じジャンプをしたとしても、低身長と手足の短さで見栄えが残念というか…。あと、顔がまる過ぎるんだわー。
●といいながらも、バレエダンサーらしくクルクルとターンする技を披露。これが同期グループと比べて2倍くらい長いターン。しくじるんじゃないかとドキドキしたけど、やりきった。見事だヒヨコ。最後の最後のシメポーズで足首がクシャっと崩れたけど、それ以外は申し分のない演技でした。よかったね。
●今回のホールは古い建物なので照明の関係で客席がヒヨコからは全くみえなかったとな。普段のヒヨコはなんの余裕か演技の際には客席を見渡してボクら家族や友達がどこから見てるのかチェックしてるのだ。でも今回は客席が真っ暗。もうお客の視線を完全に忘れて広い舞台を一人独占したつもりで踊ったという。「なんにも見えなかったから、全然緊張しなかったよー」コイツの奇妙な舞台慣れ、というか場当たり的なクソ度胸だけは尊敬する。

●しかし、その場が楽しければ十分、という自足感は裏返せば、もっと成長したいという動機が強く発生しないってことなのよね。コンクールに興味がないのも同じ理由だし、誰かを出し抜いてまで良い役を得たいという気持ちもない。むしろ、配役の奪い合いや先生の寵愛を奪い合う意地悪なゲームに乗っかりたくないって気持ちがあるのかも。ただ、無邪気に他人の振付まで勝手に100%覚えて、練習の代役まで務めてしまう天然アプローチはやっぱ一目置かれるのか?先生によって本人意思確認なしで勝手に次回春の発表会にエントリーされ、追加練習スケジュールがドサドサっと突っ込まれた。先生…期待してくださるのは嬉しいですけど、追加練習はヒヨコからみれば冬期講習をサボる口実に利用されるだけなんですよ…アホなんで勉強もちょっとさせとかないと…。



音楽。いきなりビジュアル系。

buck tick 殺シノ調ベ

BUCK-TICK「殺シノ調ベ THIS IS NOT GREATEST HITS」1992年
●80年代〜90年代のバンドブームの一翼を担ったビジュアル系ロックバンドが、1987〜1991年までの初期楽曲を再レコーディングしたアルバム。ダイエースプレーでロングヘアを高く長くツンツンに逆立てたキョーレツなビジュアルは、実際のところ80年代後半のシーンの中ではマジでインパクトがあった。バクチクとはよく言ったものだ、火薬が爆ぜる様を髪の毛の躍動感(カチカチに固められてて実際には躍動しませんが)で表現するとは。ボーカル櫻井敦司の美形っぷりは、奇矯なヘアスタイルと関係なく一部の女子のハートをわしづかみ。大学のクラスメイトだったあるロック女子は「とにかく BUCK-TICK 最高!」ばかりで、うざったいほどだった。だから、正直多少は彼らの音楽を聴いてたけど(このロック女子に貸し付けられた)、そんなに好きになれなかった…。アイドルめいた周辺の評価と、妙に薄っぺらい音響がメジャーなハードロックのスタイルとはかけ離れてたことに違和感があった。
●ところが、このブログでも記事(こちら)にした80年代ゴス BAUHAUS を聴き込んでいる延長で、ふと気付いた…。ああ、BUCK-TICK の音楽は、BAUHAUS と同じ場所を目指してたんだなと。ギタリスト今井寿のあの神経質に軋むようなリードギターやアレンジが、解りやすいハードロックではないのは当然。あれはハッキリとゴスなのだ。酔狂で過激なイメージを振りまいていたのではなく、ゴスパンクの正統な流れを受け止めようとしてたんだ。…と、気付いてみれば当たり前すぎる事実に到達した。…まー BAUHAUS みたいな元祖ゴスなんて今でも聴いてる人なんてとても特殊な方でしょうから、今でもメンバーチェンジもせず健在で活動する BUCK-TICK の音楽はそんな風に解釈されてないかもしれない。
●で、20年以上も前の音源をこれまた200円で発掘。自身の初期楽曲を再構成/再収録したベスト盤(じゃないとタイトルで言ってますけどね)がこのアルバム。音圧がより高くなって、神経質なギターサウンドがより際立った上に、インダストリアル系ゴスの要素もふんだんに盛り込んだ新アレンジは、80年代の当時よりもスリル増量で楽しい。ちなみにこの時期で例のバクチク頭は半分卒業してまして。リズム隊を除いてツンツンしてません…20年経った現在もツンツンさせているのはドラムのヤガミトール氏。すげえ、頭髪への負荷と年齢を考えますと…ハゲリスクがすごいような気がするのに。
●今聴き返すと、彼らの音楽はアレンジやサウンドこそゴスとしてユニークだし、詞の世界観もダークだけど、メロディラインはメジャー進行が多くて、実は陽性のポップネスがカッチリ仕込まれてる。このポップネスが「BUCK-TICK = ゴス」の連想を妨げてた気がする。「悪の華」とか「スピード」とか「JUST ONE MORE KISS」とか、めっちゃポップだわー。で楽しいわー。


SADS「THE ROSE GOD GAVE ME」

SADS「THE ROSE GOD GAVE ME」2001年
BUCK-TICK から見るとやや後発で活動を始めたビジュアル系のカリスマ・清春が、バンド・黒夢の解散以降に結成したのがこの SADS。不安定な運営で短命だった黒夢SADS のキャリアの中でも、比較的安定した時期のアルバムがコレ。神経質でナルシスティックな印象の強い清春のヒリヒリした緊張感が、ハードコアパンクを下敷きにしたヘヴィロックをよりブーストしてる印象。ちょっと VAMPS に似た印象かも。BUCK-TICK のようなゴスの雰囲気よりも、もっとソリッドかも。
ビジュアル系という捉え方をした時、これが X JAPAN から LUNA SEA、GLAY といったメガバンドまで射程距離が伸びてしまって把握がとても困難。しかも音楽のスタイルとしての一貫性はあまりなかったりもして。なのに、ビジュアル系専門店があるほどの層の厚さ。うーむ、このジャンルは難しい!

スポンサーサイト

●先月、家族4人でお寿司の食べ放題にいったら。
●メニューを見ながら娘ヒヨコ中学1年生がヒトコト。「この「冷たいヤツ」ってナニ?」。ああ?……それ…「冷奴/ひややっこ」のこと言ってんのか…?その「連邦軍の白いヤツ」みたいな言い方、ちと中学生としてはヤバイぞ。「冷奴なんて読めないよー!で、冷奴ってナニ?」ただの豆腐だよ!「じゃー豆腐って書けばいいじゃん!」

●陽気なヒヨコは食いしん坊。
中学校の三者面談でワイフが担任の先生に会いに行った。で先生、開口一番で「とくに私から言うことは何もないんですが…」ガクーッ!この腑抜けた男性教師、前回も同じコト言ってやがった。そういうときは「こちらもアンタにとくに期待するコトは何もありません」って言い返すんだよ!ワイフ「何言ってるの!内申書かくのはこの先生のなのよ!」と実に常識的なリアクション。はい、ボクはいつまでたっても大人になれません。
●担任「強いて言えば、ヒヨコさん、最近お行儀が悪いですね…」……ヒヨコ、給食の時間、トモダチが残した食べ物をもらって立ち食いしてるという。「育ち盛りなのか、食欲旺盛すぎですねえ」…ヒヨコ、そんなことやってるのか。おまえ今はバレエでしごかれてるから釣り合ってるけど、バレエやめたらたちまち激太りだからな。気をつけろよ。

●長男ノマド中学2年生は、最近「オタ友」がたくさん増えて、ニコニコしてる。
●元来シャイなノマド、中学一年生の時はトモダチが全然できる気配がなくて心配したが、ジワジワと周囲が自分の趣味をカミングアウトしてきて、結果的にみんなオタクだらけと判明。同好の仲間とつるんでカラオケでボカロ三昧うたってるという。行くならトコトンまで行きなさい。ボクは止めません。夜中に「艦これ」やっててもかまいません。



●今日のボクの音楽。

THE ART OF NOISE「WHOS AFRAID OF (THE ART OF NOISE)」

THE ART OF NOISE「WHO'S AFRAID OF (THE ART OF NOISE)」1984年
●最近は80年代モノを掘り起こすような買い物ばかりしてる。あの時代のヒト巡りいやフタ巡り?サン巡りしてもまだ脱臭できないダサさ加減がどうしょうもなくクセになってる。しかもクソみたいに安いからなおのこと買ってしまう。ただ、コイツに関しては、おおお、コレ聴きたかったんだよーという気持ち。しかもまたしても激安。100円なり。
THE BUGGLES での鮮烈なデビュー、そして YES への参加(「THE OWNER OF A LONELY HEART」の時代)で80年代の重要人物になった TREVOR HORN が仕掛けたシンセユニット THE ART OF NOISE。最初は TREVOR のレーベル ZTT RECORDS の謎のユニットという触れ込みだったが、その正体は同レーベルのサウンドエンジニア集団。これでもか、というほどのスタジオ内シンセ実験で奇妙なビートミュージックを繰り広げてる。裏方のサウンドエンジニアが主役になるというコンセプトがすでにクールだと思ったね。徐々に洗練されていくサウンドは他のエレポップバンドと区別がつかないモノになってしまうのだけど、このファーストアルバムの段階ではまだゴツゴツしたいびつさが残ってて、それが実に味になってます。今聴くと、予想以上にビートがワイルドだった。その後の彼らと比較もしちゃうからね。いやいや、その後の作品も聴く価値はありますよー。
●1986年に、この THE ART OF NOISE はフジテレビの音楽番組「夜のヒットスタジオ」の生放送に出演してるんですわ(MCはフリーアナになったばかりの古舘伊知郎芳村真理だったよ)。で、当時小学生だったボクはたまたまコレをリアルに見てて、そんでビックリした。キーボードにその場で収録した簡単な音をサンブルしてトントン鳴らす。今の時代にはコドモダマシのコケオドシにしか過ぎないワザだったけど、ボクは80年代のコドモだったからまんまと騙されたね。すげーこれが未来の音楽かー。それがすげー記憶に残ってる。


●最近は、クソみたいにたくさんマンガ読み過ぎちゃってて…。

市川春子「宝石の国」5巻…性別不明の主人公たちが徹底的に美しいです。
沙村広明「ブラッドハーレーの馬車」…ふーん、悪趣味なマンガにしようとしてやりきれなかった感じ。
杉山実「ガール・デバイス」…これ強烈。異形のセーラー服強迫観念と狂ったメカデザインのサイコSF。
ヤマザキマリ「スティーヴ・ジョブズ」4巻…ほんとコイツ最低なヤツだね!アップルをクビになったよ。
山口貴由「衛府の七忍」1巻…再始動。前作キャラの設定組み替えて再登板させるも、少年マンガのポップさで少し軽くして安心できる内容。
太田垣康男「機動戦士ガンダムサンダーボルト」6巻…新解釈ガンダムに興奮。コイツもアニメ化!
松本大洋「SUNNY」6巻…完結。これはジュブナイルだったのか。
黒田硫黄「アップルシードα」1巻…久しぶりの硫黄ワールドが士郎正宗カバーとは。
坂本眞一「イノサン ルージュ」1巻…主人公を女死刑執行人マリーへと軸足を変えて改題。
三宅万丈「イムリ」18巻…イムリの中で内部分裂の気配…。
長谷川ろく「KEMARI」…平安時代の「蹴鞠」がテーマ。1000年前のサッカー少年。
羽海野チカ「3月のライオン」11巻…徹底的な悪人登場、が、主人公が打倒。強くなった!
弐瓶勉「シドニアの騎士」15巻…完結。最後の壮絶な戦いと結末。痛快。
灰原薬「応天の門」4巻…菅原道眞&在原業平の名コンビ、これが意外なほどイケル。
中村真理子/園村昌弘「天智と天武」8巻…額田王+大海人皇子の万葉集収録歌がスキャンダラス。
入江亜季「乱と灰色の世界」1巻…ちょっと古風な絵のタッチで魔法少女。



●THE ART OF NOISE「BEAT BOX (VERSION 2)」





●うー。体調悪い…。
●カイシャ行って仕事するので限界。週末はヒキコモリになってしまう。ひたすら音楽聴いて本を読んでる。

●今日読んでたのは…。

又吉直樹「火花」

又吉直樹「火花」
実直な青春小説だったよ…漫才とは?笑いとは? 不器用な芸人である主人公がどうしても又吉さん本人にカブってしまってしょうがないが、この主人公自身の実直さも含めて、好感が持てたよ。
●同時受賞した羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」も読んだ。28歳失業中の主人公と年老いた88歳の祖父の微妙な距離の物語。こういうテーマを「介護もの」っていうらしい。ふーん。いつもボクは芥川賞作品は、単行本じゃなくて「文藝春秋」の全文掲載で読んでるので、今回は二つ読めてオトク。

●あ、そうそう、先月、また資格試験受けて、合格した…。「ビジネス著作権検定・上級」
●仕事で忙しくて全然準備できなかった。文字通りの一夜漬け。マジであと一問で不合格のギリギリセーフ。
「知的財産管理技能検定3級」「2級」から始まっての3つめ合格を達成。権利系の勉強/資格取得は今年のテーマだった。12月で振り返ってみると、それなりの成果を上げたかなと思う。来年は「知的財産管理技能検定1級(コンテンツ専門業務)」にチャレンジできるかな?
●ただ、難点は、法律がすごいスピードで変わってることだ。商標法なんて去年の法改正が今年施行されてて激変。そんなもんどんなテキストや教科書も追いついてないもんね…このへん新聞報道でキャッチアップするしかない。TPP交渉次第では、アメリカの法制度とつじつまを合わせるようにこれまたデカく改正されるはすだ。
●さらにさらに難点は、この法律の勉強をすればするほど、現場の権利交渉の場数をこなさないとビジネスには役に立たないということを思い知ること。法律は使うモノであって、法律自体では意味がないんだわ。これも、まー、勉強してみてわかった収穫だからよしとするか。

●音楽。

SONIC YOUTH「DIRTY BOOTS」

SONIC YOUTH「DIRTY BOOTS」1991年
●ボクの中で「世界一カッコイイロックバンド」であった SONIC YOUTH。2011年にオシドリ夫婦として有名だった中核メンバー THURSTON MOORE と KIM GORDON が離婚すると、バンドはあっさり分解してしまった…。あっけないねえ…。1981年に結成して30年目で崩壊。
●で、最近彼らがメジャーデビューした頃のシングルを古本屋で発見。懐かしい!すでにNYインディ界の帝王として決定的な武名を誇っていた彼らが敢えてメジャーと契約して最初に出したアルバム「GOO」1990年に収録されてる曲。しかも一曲目だったね。ボクは当時高校生で、さんざんこの曲を聴きまくった。いまさらシングルでこの曲買わんでもいいじゃんとも思えるが、ライブテイクも5曲収録してるみたいだし、500円だから思わず買っちゃったです。
ぶっきらぼうのように振舞っているかのようで、とても繊細なノイズを丁寧に鳴らしている彼らの音響は、ギターの弦がゴチャゴチャに絡まっているようで実はあやとりのように全体として整っているかのようなウラハラな印象を放つ。パッと見では、飛び抜けて奇妙なコトをやってるようには見えないが、そのギターの咆哮を鳴らすために工夫や努力を積み上げている。結果、誰にも真似できない特殊な音楽を作っていた。ライブでも偶然に任せない絶妙なノイズ操作がまさに巧みであった(来日公演2〜3回見てるし)。それがスリリングだったしクールだった…。だから今聴いてもやっぱり新鮮。

BE YOUR OWN PET「BE YOUR OWN PET」

BE YOUR OWN PET「BE YOUR OWN PET」2006年
SONIC YOUTH の中心人物 THURSTON MOORE の主宰するレーベル ECSTATIC PEACE ! と契約してた4ピースガレージロックバンドのデビュー盤。とはいえ、ECSTATIC PEACE ! 所属だったことは買った後に気づいたことだけどね。「BOUNCE」かなんかで名前だけ知ってたので、レコ屋で安く売ってたのを拾ったまで。ヤケクソなジャケがいいなーと思っただけ。しかも買ってから数年聴かないまま放っておいてたというヒドイ扱い。今日初めてちゃんと聴いた。
●へー。ボーカルは女の子だったんだ。グシャっとひしゃげたようなヤケクソなギターサウンドが、実にガレージだわー。太マジックでグチャグチャ落書きを描くようなテンションのバンドサウンドが若さ炸裂って感じですわ。3分どころか2分いかないような短い曲ばっか。この時代はイギリスでガレージロックブームが起こってたから、イギリスのバンドだったと思い込んでたんだけど、調べたらこの連中はテネシー州ナッシュビル出身でした。むしろカントリーの聖地じゃん。10代でキャリアを駆け上ったバンドにありがちなことだが、彼らもセカンドアルバムを出した2008年には解散しちゃってる。ボーカル女子はその後ソロアルバムを出したようだけど。


●動画もつけとくか…。

●SONIC YOUTH「DIRTY BOOTS」




●BE YOUR OWN PET「BICYCLE, BICYCLE, YOU ARE MY BICYCLE (LIVE)」