上間善一郎「青春18路上きっぷ 全国47のうた」

●渋谷の路上詩人、上間善一郎くん19歳。彼の新音源を聴いた。3月発売のミニアルバム。ここに納められた楽曲は、ボク自身深く関わってきたのでもはや客観的には聴けません。でもスゴくいい。ギター一本の素朴なアレンジ、ほとんど一発撮りのラフな感触。なのに音のスキマからほとばしるこのみずみずしさって一体何なの?独特の湿り気がある声と饒舌なアコギがキラキラきらめいてる。感動してます。ホントによかった。上間くん本人はとても利発な青年でちょっぴり生意気なくらいだ。でもそれは「青春」の不遜さってヤツで、見果てぬ可能性の大きさってヤツだ。彼の前には今大きな世界が広がっていることでしょう。そんな彼のこれからの旅のスタートに、ホンのちょっぴりながらも関わることができてホントによかったと思ってます。

・上間善一郎 http://www.uemazenichiro.com/

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/1023-329a1599