●今週の土曜日に、ボクの妹とその彼氏ケンゴくんが我が家を訪れた。就職が決まって名古屋の寮に引っ越すということで、持っていけないCDをボクがもらいことになった。でもその枚数が予想よりずっと多くて240枚。えー!こんなにもらっていいの!?聞けば、近所のヘビメタ雑誌編集部から譲ってもらったものだという。確かにヘビメタ多し。これはボクの趣味ではない。でも掘出し物もたくさんある!聞いてみたかったヤツとか、こんなのがあったんだという発見に感動です。

●主だった注目ものは以下の通り。
SAHARA HOTNIGHTS、THE DIRTBOMBS、BEN KWELLER、THE ANIMALHOUSE、TOKYO SEX DESTRUCTION、PREFAB SPROUT、DEATH IN VEGAS、THE THE、LIVING COLOUR、JOHNNEY THUNDERS、THE CURE、ERASURE、TOOTS & THE MAYTALS、QUAD CITY DJ'S、裸のラリーズ。
●ああなんて豊作。うっとり。

●そんで、これとは別に聴き続けてる新着音源の数々。

GEORGE CLINTON「GOMPUTER GAME」

GEORGE CLINTON「GOMPUTER GAME」(1982)
/P-FUNKの総大将ジョージ・クリントン、80年代、テクノに決めるどころかキチンとファンクです。これしか出来ません。

JOHN MAYALL & THE BLUESBREAKERS「PRIMAL SOLOS」(1966-68)
/ブルースロック!音がどでかいブルース!ストーンズ以前の MICK TAYLOR や CREAM 以前の ERIC CLAPTON、JACK BRUCE と演ってます。ホーンも絡んで大サワギ。

東京スカパラダイスオーケストラ「さらば友よ」(2004)
/このシングルのフューチャリングボーカリストは吾妻光良さん。この人は80年代に吾妻光良 & THE SWINGING BOPPERS の名前で活躍したジャンプブルースの第一人者。さらに実は日本テレビの音声さんとして数々の音楽番組を手がけてきた人でもあるんです。とにかく大爆発ブルース。声が大爆発。

●VARIOUS ARTISTS「STUDIO ONE FUNK」
●VARIOUS ARTISTS「STUDIO ONE DISCO MIX」
/SOUL JAZZ RECORDSから出てるコンピ、「STUDIO ONE」シリーズ。レゲエの歴史を体現してる名門スタジオ「STUDIO ONE」で録音された音源をせっせとテーマごとにコンパイル。「FUNK」にはホントに全然レゲエじゃないファンクチューンが。うれしい!「DISCO MIX」は名の通りディスコ用のEXTENDED MIXが収録。激レア品とはいうが、普通バージョンとダブバージョンをムリヤリつなげましたという強引ミックスが、ざっくり過ぎて微笑ましい。継ぎ目がスゲえハッキリ。

PE'Z「COLOR VOL.1」(2004)
/ご存知侍ジャズ PE'Z のリミックスアルバム。事務所の社長さんいわく、90年代初めのクラブジャズよもう一度!というつもりだったけど、全然売れんかったそうです。でも別にノスタルジックな感じなんて全然しない、生きのイイトラックいっぱいっす。最後のヒイズミマサユ機本人のリミックスとか凶暴でよし!ちなみに PE'Z のメンバーの皆さんは、アシッドジャズは一ミリも通ってないんですって。

QUEEN「JEWELS II」
/去年一番売れた洋楽って QUEEN なんだって。キムタクの「HERO」のおかげだね。そんでそのバカ売れベストの続編。二匹目のドジョウ。でも前作ほどのキャッチーな曲はありません。ボク的には「MIRACLES」(1989)に入ってた「I WANT IT ALL」かな。リアルタイムだったから。今週末、南アフリカ共和国で行われたチャリティイベント(ネルソン・マンデラが主催した「46664」ってイベント)で再結成ライブを行った。新ボーカル PAUL RODGERS (EX. FREE, BAD COMPANY)が登場したんだって。ニュース映像で観たんだけど、やっぱり違和感否めないよね。しょうがないか。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/1056-2fccaea4