2005.01.20 2005/01/20 (THU)

●徹夜明けでホントにグッタリ。明日も朝5時出勤。仕事が切れません。

●ディープファンクのディスクガイド「FUNK45'S」をメチャ楽しんで読んでます。7インチシングルに命を懸けるコレクター魂。伝説的DJ、KEB DARGEDJ SHADOW (A.K.A. JOSH DAVIS) の漁盤エピソードにウットリ…。アメリカのド田舎につぶれたレコード屋を発見して心ゆくまで盤をあさる…。知られざる名盤を探して広大なアメリカ中西部を走り回る…。いいねえ。紹介されてる7インチは一枚も持ってないけど、コンピに入ってた未知のバンドの正体が分かったりして感動。いい本だ。

「FUNK45S」

●DVD「エンタの神様ベストセレクションVOL.1」を観る。あの「エンタの神様」の厳選優良ネタ集です。これを観てて、今のネタ芸人ブームの性質に気がついた。今の芸人って、一つが約40秒以内で完結するネタフォーマットを重ねてくスタイルが多い。波田陽区「ギター侍」長井秀和「間違いない」だいたひかる「私だけ」レギュラー「あるある探検隊」いつもここから「どけどけ」などなど。これテレビの編集にとても便利。5分とか長い時間を使う漫才やコントは、序盤がタルくて笑いのピークがなかなかこない。けど約40秒ネタの連発だと、細かいピークの連続が持続できるじゃん。しかも面白くないとこをバッサリ削ぎ落とすのも簡単。前後の文脈が関係ないから。伏線や段取で面白くするコントは後から編集で短く出来ないからね。「エンタ」ってテレビ的だね納得。でも一方で、ドランクドラゴンとかアンタッチャブルとかアンジャッシュとかインパルスとか、コント派の優秀な人たちもいるからこのブームはホントに層が厚いと思います。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/1085-a6e2fc45