2005.01.31 2005/01/31 (MON)

●有楽町で映画「オペラ座の怪人」を観る。有名なミュージカルてのはわかるが映画でも歌いっぱなしじゃん!画はキレイでしたが、まあ一つの教養として観ときましたって感じで。仕事じゃなきゃ観ないな…。

●DVDを観る。THE QUARRYMEN / THE HIGH-LOWS「PUTTIN' ON THE STYLE」ハイロウズは数年に一度、自らが尊敬するロックの先人を招いてライブしてんですって。最初は TOM ROBINSON、次は JONATHAN RICHMAN。そして 2003年は THE QUARRYMEN。このバンドはあの THE BEATLES前身バンドJOHN LENNON の初めてのバンドで、メンバーがちょっとづつ入れ替わってあの「黄金の4人組」 "THE FAB FOUR" が揃ったという。ここまではいわゆる教科書的知識。だけどこの THE QUARRYMEN「黄金の4人組」以外の人たちがいまだ活動してたってのは初耳でした。このDVDはビートルズになりそこねた出ガラシさんの貴重な来日公演を収録。見た目普通のおじいちゃんたちが演奏するのはロックンロール上陸以前のイギリスで流行ったスキッフルという音楽。「これがスキッフルさ!オレたちは56~57年から変わっちゃいないぜ!」微妙だよおじいちゃん…。しかしロックとは、かくも人の人生を転覆させるもの。THE QUARRYMEN はロックの「業」を示す生き証人。そして THE HIGH-LOWS もロックに全てを捧げた巡礼者。甲本ヒロトのガリガリな身体は、チベットの霊峰を五体投地で這い登る巡礼と同じ。僕らは今ロックの聖者を見てるのです。

THE QUARRYMEN : THE HIGH-LOWS「PUTTIN ON THE STYLE」

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/1088-0bb70190