2007.03.16 2007/03/16(FRI)
病気は確実に良くなってきてる気がするけど、完全復帰はまだちょっと時間が必要だ。
●神経のテンションを調節できない。まクスリ飲んでるかぎり見た目は普通にふるまえるけど、深夜~朝までの食事や飲み会はキツいな。元から体力ないので無理がきかない。とにかく早く治して周囲を安心させないと人事異動させられちまう。

今週の息子ノマド。補助輪を外した自転車にやっと完璧に乗れるようになりました。
●わーパチパチ。ボクに似て運動大嫌いなノマド、最初はイヤイヤ練習させられていたが、コツをつかんだのか突然乗れるようになった。本人もチョー嬉しかったようで、「でーきちゃった、できちゃった!」とカラダ全身で歓びを表現、居間のコタツの上で10分間踊り続けたという(バカ)。調子に乗ったノマド、自分が自転車に乗る様子をビデオ撮影せよと母親に希望。しかも毎日! ワイフは本当にこの三日間連続でビデオをまわさせられている。

今日のソウルミュージック。
●70年代に活躍した女性シンガー ROBERTA FLACK を三枚。

First Take First Take
Roberta Flack (1995/09/19)
Atlantic

この商品の詳細を見る
Quiet Fire Quiet Fire
Roberta Flack (1992/09/15)
Warner Bros

この商品の詳細を見る
Killing Me Softly Killing Me Softly
Roberta Flack (1995/09/19)
Warner Bros

この商品の詳細を見る

「FIRST TAKE」1969年。
「QUIET FIRE」1971年。
「KILLING ME SOFTLY」1973年。
ロバータの1枚目、3枚目、4枚目。ピアノと共に一人弾き語る歌唱は、言わば暗闇の中に凛と燃える燭台の灯火。赤く強く静かにゆらめく炎。楽器の数も音数もグッと抑えた演奏に、奇をてらうこともなくただ真っ当にバラードを歌う。ソウル・ジャズボーカルと分類されはするが、別段無理に黒っぽくする訳でもなく、真っ正面から楽曲に向き合っていく姿勢。PAUL SIMON 楽曲や JANIS IAN 楽曲をカバーするなど、楽曲提供作家も黒人白人偏りがない。分かりやすいグルーヴを探してしまうボクの本来の趣味とは離れたタイプの音楽だが、壊れた神経に今この落ち着きは優しくて。「KILLING ME SOFTLY」は有名曲搭載でアレンジもカラフルだから何回も聴いちゃってます。

イマージュ・ソングブック~レノン&マッカートニー~ イマージュ・ソングブック~レノン&マッカートニー~
オムニバス、ジャネット・ケイ 他 (2007/03/07)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る

●手っ取り早く癒しを。コンピ「IMAGE SONG BOOK - LENNON & MCCARTNEY」
●ヒーリング系音楽のシリーズコンピ。THE BEATLES 楽曲を数々のアーティストが癒し音楽としてカバー。JAKE SHIMABUKURO 小沼ようすけ、FIONA APPLE など。アコギやウクレレの音はささくれ立つ心を静かに治めてくれる。毎週通っている鍼灸治療院でもBGMにかかってた。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/111-56d66c1c