大河ドラマ「江」。
●今週の段階で上野樹里が演じてる江は、実年齢にして6歳という設定だと知ってちょっとヒイタ。宮沢りえで11歳って設定。無理がアリ過ぎ。初回に登場した芦田愛菜ちゃんをそのまま使ってる方がまだマシじゃん。
●とはいいつつ、芦田愛菜ちゃんもスゴ過ぎてヒク。アレでまだ小学生じゃないんだもんなー。「徹子の部屋」にフツウにゲスト出演してたけど、幼稚園児一人でトーク番組が30分成立するって本来ならあり得ないよね。


●二日連続のパーティ。金曜は今の職場の新年会。土曜は前の職場の同僚の結婚式。
●そんで日曜日の今日はクタクタ。

DVD「メリー・ポピンズ」

あまり疲れたモノだからコドモたちとDVD「メリー・ポピンズ」を見る。
●ヒヨコがラウドにシンガロング!あの長い長いステキな呪文。SUPERCALIFRAGIRISTICEXPIALIDOCIOUS!

「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス!とても長過ぎるコトバだけど大きな声で言えたらスッキリ!スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス!口べたな人でもコワくないコレさえ言えたら万事解決、でも使い方で人生が変わる!(昔あるオンナノコにこのコトバを言ったんだよ~そしたら今はワシの妻じゃ)」

●言うコトがなくなった時に言えばイイ言葉だって。ステキだねえ。ヒヨコと一緒に何度も繰り返して覚えました。スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス!スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス!毎日唱えるから、イイコトが起きますように。ジュリー・アンドリュースみたいな女性に出会うとか。パラソルに風を受けて空飛んでっちゃう人がタイプです。


●前向きになれるような音楽を探してます。

THE DRUMS「SUMMERTIME !」

THE DRUMS「SUMMERTIME !」2010年
●シンプルなバンドサウンドとポンポン弾むベースが80年代のギターポップ風で、チャーミングなメロディが自然と気持ちをワクワクさせてくれる青春ポップス。昨日のパーティで奨められて速攻で聴いてみたよ。ロンドンのインディレーベル MOSHI MOSHI からのデビューだけど、ニューヨーク/ブルックリンのバンドです。一曲目の口笛ソングっぽいアレンジで既に胸キュンです。春が待ち遠しい。ナニか楽しいコトが起こってくれるとイイ。


●コッチは前向きじゃなくてもイイって思える音楽。

THE XX「XX」

THE XX「XX」2009年
●コッチも音が思い切りスカスカでスゴく華奢な印象、でもタダの80年代回帰じゃなくて、濃密な行間にジットリとした湿度を秘めた可憐な音楽。男女のダルなボーカルがテンションを内向きにしてて、ヒキコモリ度が高い感じなんだけど、メロディに色気があって、優しくて、研ぎすまされたササクレもちゃんとある。夜眠る時に何回も聴いてる。去年イチバン多く聴いたCDかも知れない。レーベルは YOUNG TURKS。コチラも要チェック。




●THE DRUMS「LET'S GO SURFING」



●THE XX「CRYSTALIZED」


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/1148-1702bbf9