自律神経失調症とのお付合い(その74)~「また復帰は遠のき、年内復帰はナシ!」編
「11月、12月と復帰のスケジュールを見積もってたけど、ちょっと一旦白紙に戻しましょう。そっちの方が楽でしょう」横浜の精神病院の院長診察。………とどのつまり「年内の復帰はネエよ!」というコトだ……。

●うんなあああああ。あー、この気分、もう言い表すコトが出来ない。「焦らずに、もう少し時間を見ましょう」もう何度も何度もこの言葉を聞いてきた。もう何度も何度もニガい思いをしてきた。イイ加減慣れてもイイくらい味あわされてきたこのニガミ、どうしても慣れる事ができない。今日はカラダがズタ袋のように重い。
●10月、ドタバタと始まった会社での通勤訓練、最初は会社側さえ対応がとれないほど急にスタートして、マトモに稼働した第一週の最後に、コッ酷い風邪を引いた。その次の週は声が完全に出なくなり、会社に出たのはたった一日。「この風邪は自律神経失調症とは関係ない」と、呼吸器科のセンセイも心療内科のセンセイも精神病院のセンセイも全員が言ってくれたが、コレがタダの気休めだとワカラナイほどボクはバカじゃない。通勤訓練の開始で生活テンポの激変したので、体調や体力にも大きな負担がかかってるのは間違いない。
反対に「さあ休みは終わりだ、11月1日からとっとと働け」と言われてボクは働けたか?無理だ。カラダが完全についていけてない…。だから今日の診断には、もはやグウの音も出ない。自分でも年内は無理だと感じていたのを、口に出してもらっただけなのだから…。コレからもっと寒くなる、インフルエンザも流行る、持病のぜんそくだって怪しいモンだ。復職が順調に進むはずがない。


11月末、会社の後輩の結婚式に招かれていた。
●7月から手紙や電話で「是非出席してもらいたい」と連絡をもらってた。社会人一年目からずっと面倒を見てたオンナノコで、手紙には「第二のオヤジ枠!」と書いてくれていた。夏には田舎のおまんじゅうまで贈ってくれた娘だ。
●ちょうどデイケアを始める頃だったろう。タイミングとしては五分五分の勝負だと思った。この後輩の結婚式までに復帰してみせる事が、ボクにとって大きなモチベーションになった。というか、3ヶ月かけた一回目の通勤訓練に挫折し、家に閉じこもって失意のどん底にいたボクにとって、彼女の「是非来ていただきたいです」という言葉こそが、往復4時間もかかる遠い精神病院のデイケアに通うなどという冒険に挑んだ直接のキッカケだった。だからこそ、10月の会社通勤訓練スタートにもコダワった。しかし風邪を引いた時点でもう無理だと思った…。そんで今日医者の口からトドメを刺されたわけだ。

●帰りの電車、駅に着くと雨。そこから後輩に電話。「今日、医者にダメだって言われた。やっぱ式行けないわ。ゴメンね。行きたかったけど」「…しょうがないですよ。ダイジョウブですよ、unimogrooveさんのためにビデオ何本でも送りますから。またヤリマショウよ、ね、またヤリマショウ…」…結婚式を「またヤリマショウよ」ってあんまり意味ワカンナいと思ったけど、とにかく申し訳なくて駅のベンチから動けなかった。この休職の間、何組もの大切な同僚(先輩/同期/後輩)が結婚式を挙げたが、全てキャンセルせざるをえなかった。この最後のチャンスには、追いつけると思ってたのに…。一方同時に復職への大きな動機付けをポッコリなくしてしまったことにも気付いた…。会社に戻って一体誰がボクを待っていると言うのだろう?なんの仕事が待っていようと言うのだろう?


最大週3回通っていた「デイケア」を、週1回月曜日しかも午後だけ!まで縮小することになった。
●復職プログラムの軸足を完全にシフトしたいと思っていた。風邪を引く前は全撤収の予定だったが、この体調不良の様子を見て、たった半日だけ残す事になった。マコトに中途半端なハナシだ。オマケに11月は月曜日が二回祝日で、全然行くチャンスがないじゃん。意味あるのかな…。



なえた気分の中で、とある曲を思い出し、竹内まりやのベストをレンタルした。

竹内まりや「EXPRESSIONS」

竹内まりや「EXPRESSIONS」
竹内まりや全キャリアを網羅する3枚組リマスター版と聞いて借りたのに、お目当ての曲は入ってなかった!ズコッ!そのヘンの確認すら出来ないほど参ってるのか…。情けない。

●ボクの聴きたかった曲は「夢の続き」1987年。
●チンピラに扮した柴田恭平ジョニー大倉がハワイを舞台にドタバタする映画「ハワイアンドリーム」(←誰も覚えちゃいないでしょ)の主題歌でちゃんとシングルカットされてたはずなのに…。ライトディスコ感覚のグルーヴとダンナ達郎のソウルフルなコーラス、そして、どこか吹っ切れたリリックが印象的なのだ…。

「昨日と同じ一日が暮れて 彼女は深いため息とともに眠る
 果たせなかった約束 またひとつ増えただけ それでも明日を夢見る
 いい事だけを信じてるうちに 全てを許せる自分に会える いつか
 あんなに愛した人も 愛してくれた人も 振り向けばただの幻
 AH, 淋しいなんて AH, 感じるひまもないくらい!
 BABY, BABY, CLOSE YOUR EYES. GO BACK INTO YOUR ENDLESS DREAM
 果てしない夢の続き 見させてあげるから」


果たせなかった約束がまたひとつ増えました。

●悔しいコトに、3枚組に収録されてた「うれしくてさみしい日 (Your Wedding Day)」という初めて聴く曲に、一瞬カチッとハマってしまった。くそ、最高恥ずかしい…。


●あ、あとね、今月給料一万円切るって予告されてたんだけど、実際振り込まれた額が、なんと1786円だって!爆笑!中学生のオコヅカイか!「参考書買うからお金ちょうだい」的な価格。もう笑うしかないね。年末までこのノリだよ。マジで「AH, 淋しいなんて AH, 感じるひまもないくらい!」まーダイジョウブでしょ、そのうち「振り向けばただの幻」と思える日がくるからね。


●以前の「自律神経失調症とのお付合い」シリーズは下記の記事にまとめております。ご参考に。
 http://unimogroove.blog4.fc2.com/blog-entry-223.html


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/1250-1e01b6d2