P1001082.jpg

今日も、芝大神宮に行った。お参りだ。吉川晃司のせいだ。


tokyo headline(ボクが読んだのはこの号じゃないけどね)

●フリーペーパー「TOKYO HEADLINE」ってのあるでしょ。道端によくおいてあるヤツ。アレに不思議なコラムがあってね。タイトルは「路地裏ダイヤモンド」。吉川晃司が、なぜか下町の路地を散歩しながら、アレコレ語るという内容。あの吉川晃司が、突然佃島のもんじゃ屋さんとかに行って、人生を語りながらもんじゃを食ったりするのだ。新作洋画の俳優インタビューとか国際ニュースに混じって、唐突に出現するこのコラムの存在感はかなり異端だ。
●ボクがたまたま目にしたのは「第54回(←わりと長期連載)渋谷区東~猿楽町 俺は人生が''賭け'' だな」という連載回。タイトルからして醸し出すオーラがヘンでしょ。「新年だから、ちょっと寄ろうか」冒頭から吉川が言う。そんで吉川とインタビュワーは代官山方面にある神社へ向かうのだ。以下引用。

「吉川は境内に入ると、手慣れた動作で手を水で洗って清める。日本人ならやり方ぐらい覚えとかなきゃと吉川の手元を凝視すると、『まず右手でひしゃくを持って水を汲み、左手を清めてから持ち替えて右手を清め、また持ち替えて左手で水を受けて口をすすぎ、最後にひしゃくを立てて残りの水を柄に流す』と手順を教えてくれた。」

●むむむむ…。ステージでバク宙を決め、高く足を挙げシンバルキックをかます、あのロックシンガー吉川晃司に、神社での手の清め方を教わってしまうとは……何とも複雑な気分だ。例えば「卓球の福原愛ちゃんが、スケボーで難しいトリックを軽々と決めてしまった」かのような、なんだかチグハグで腑に落ちないギャップに戸惑う。そんで「吉川にできんのにボクが出来ないのは悔しい」と感じ、是非自ら実践しないと気が済まなくなってしまった。


P1001117.jpg

この手を洗う場所って、今までの人生において完全にスルーしてたわ。
●手を洗うための用途があるというコトすら、忘れてたくらいだ。でも、今朝、やりましたよ、吉川晃司のいう通りに。「口をすすぐ」なんてのは、マジで生まれて初めてだ。しかも朝の空気と水はツーンと冷たくて、悔しいほど気持ちイイ。なるほど、コレが「清め」か。吉川晃司のおかげでまた一つ大人になりました。

●お賽銭は「十分にご縁がありますように」という きむお 説を採用し、基本額15円×カミサマ8体=120円。で、お参りの様式を正しく守って、いつも通り会社に向かった。そんで会社に着いてから気付いた。「あ、段取りだけに気を取られて、具体的にお願い事をイメージするのをすっかり忘れた」まあイイや、ボクは本来的に神頼みはキライでね。現世的メリットの享受を宗教に期待するのは、なんか野暮とおもえるのよ。「病気を治してくれ」と願うなんて、オコガマしいし図々しい。「清めて」くれればイイ。ああ、そう言えば神社の神職さんたちは、もう「節分」がらみの準備を始めてたな…。



●冬っぽい日本のロック。

スムルース「冬色ガール」2004年

スムルース「冬色ガール」2004年
●このバンド、どれだけ知名度があるのかわかんないけど(限りなく無名なんだろうか…)、ボクにとっては中古CD屋で見つけたら必ず買っちゃうバンドなんです(ゴメン、新譜じゃ買わない…)。これも50円で買ったシングル。でもギターボーカル徳田くんの伸びやかなボーカルと言葉見つけの感覚、歌詞に頻出する「のです」「のでしょう」という言い回しはなんか独特で、絶対リスナーのアナタを胸キュンさせるでしょう。不器用なオトコのおセンチパワーを爽快に歌い飛ばす気持ちよさ、ぜひ味わって下さい。

スムルース「ヒマワリサン」2003年

スムルース「ヒマワリサン」2003年
スムルース、インディ時代のミニアルバム。味のあるホッコリジャケデザインは、全作品リーダーの徳田くんが手掛けているそうです。このジャケに登場する幼稚園児&センセイには細かいプロフィールがあって、内ジャケに全員分解説されてる丁寧さがイイ。インディという身分の軽さか、歌詞の言葉選びにはより遊び心が自由に盛り込まれてて、ニコニコできる楽曲が詰まって6曲入り。

「踊ろう 僕と君と味覚と引力でダンスイングね 
 バラ色の人生バカ色 場所だけわきまえラヴラヴリー
 踊ろう ゴロゴロぐうらた
 大好きなおやつほうばってさ やんごとなき初期衝動
 世界と僕は君のもの

 バニラアイスの温度 溶かして冷やして
 日本シリーズと恋の行方かな
 裸足で空を踏んでブランコ空中散歩
 アクティヴスカートのスロー再生の巻
 夢だらけ穴だらけ こだわり青春半熟風
 プウプウ熱風熱烈レッツゴー
 わりと大胆

 踊ろう 僕と君と味覚と引力でダンスイングね 
 バラ色はいろいろバカ色 太る幸福のアテンションプリーズ
 踊ろう ゴロゴロぐうらた
 前向きなレコード聴いてさ 絶えることなき恋騒動
 世界と僕は君のもの」


●最近のスムルースは実は聴けてないけど、公式ページを見ると徳田くんはボクが知った時とは違って、おしゃれメガネさんになってて、webを中心に文筆業にも精出してる様子。いつの間にかメンバーが一人減ってもいましたが。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/1252-ec5cba0a