SONIC YOUTH はボクにとって世界一カッコいいロックバンドだ。

SONIC YOUTH「THE ETERNAL」

SONIC YOUTH「THE ETERNAL」2009年
自分にとって、一番居心地のイイ音楽はなにか?…ボクはあまりにも広範囲なジャンルに手を広げてて、自分が好きじゃない音楽も真剣に聴いてしまってたりするので、フツウのヒトなら迷う事なく答えられるこの問いに即答できません。でも今日、行きつけのカフェで読書しながらこのアルバムを聴いてたら、ああココがボクの一番居心地のイイど真ん中の場所なんだ…とカラダの隅々で感じることができた。ちょっと感動した。自分の居場所がハッキリしているコトは、本当に素晴らしいコトだ。

もう一度言います。SONIC YOUTH はボクにとって世界一カッコいいロックバンドだ。
●特殊なチューニングで掻きむしられるノイズギターは、ハリネズミのようにササクレだって、ツカミドコロのナイ不安定さで聴く人を突き放すかのような印象さえ感じる。でも初めてこのバンドの音楽を聴いてからもう20年以上も経過した今、もはやこの音像のイビツさはボクにとって愛おしい存在になっている。時にフリーキーで、でも実はとても繊細な、一つ一つ丁寧に弾き出されている細かい音の粒が、愛おしい。
●結果として、このロックバンドの音楽は、ボクにとっては甘美な優しさとして響いてる。ツカミドコロの見つからない、形がやや崩れてしまった音のイビツさは、とりもなおさずもはやどうにもならないボク個人の弱点を、ある意味で象徴してしまっていて。でもソレを強い個性として、丁寧に繊細に、そして雄々しく力強く、決して枯れる事のないイマジネーションとモチベーションで更新していく。その重厚さ…熱量…速度…興奮…不定形の新しさ…ロックのスリルをきちんと追求していく。そのバンドの姿勢が、ボクに勇気をくれる。

●2000年代前半に加入していた JIM O'ROURKE はこの時には既に脱退して東京へ移住。その代わり PAVEMENT のベーシストだった MARK IBOLD が正式参加。彼は KIM GORDON のサイドプロジェクト FREE KITTEN にも参加してた。PAVEMENT もボクにとっては大事なロックバンドだな。
●それと、今 WIKI を見て知ったんだけど。去年、THURSTON MOOREKIM GORDON27年間の夫婦生活に終止符を打って離婚したという。あら。おしどり夫婦と思ってたのに。娘の COCO ちゃんは、勝手に赤ん坊のママのイメージだったけど、生年月日を見るとすでに17歳になってるな。まーボクの子供がもう10歳だからしょうがないか。

Coco Hayley Gordon Moore

THURSTON KIM の愛娘 COCO HAYLEY GORDON MOORE ちゃんって、ボクの中ではこんなイメージ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/1337-593f0566