ロンドンオリンピックの開会式。家族でテレビを見るよ。

The Olympic Games

イギリスの牧歌的な農村風景が、産業革命をキッカケにいきなり工業地帯に変貌する演出。美しい緑の芝生をめくり上げて撤収、殺伐とした工場の煙突がニョキニョキと生えてきて、シルクハット紳士の資本家集団がニヤニヤする。まーこの大英帝国はこうして一時期全世界を支配しましたからね。ある意味でコレ皮肉なんでしょうか。娘ヒヨコは美しい村と動物たちが消えてガッカリ。
●演出を「トレインスポッティング」「スラムドッグ$ミリオネア」ダニー・ボイル監督が務めてるという。そんでそのご縁で音楽監修を UNDERWORLD がやってるんだそうで。
●選手入場行進の BGM に UNDERWORLD の名曲「REZ」がかかってた。PET SHOP BOYS U2、BEE GEES、ADELE、そして DAVID BOWIE「HEROES」がかかってた。

●で、最後は PAUL MCCARTNEY「HEY JUDE」。うーん。なんかフツウ。
「LIVE AND LET DIE」とかで闘争心煽ってもらった方が笑えたかも。「死ぬのは奴らだ!」ってノリで。



●ほら、花火とか特効とかが映える曲じゃん。
「007」シリーズが観たくなってきた。コドモに観せてあげよう。




●この前、「館長庵野秀明 特撮博物館」に行ったもんだから、やや頭が特撮モード
●で、我がコドモたちにウルトラマンを見せてやった。

ウルトラマン Vol.4

●DVD「ウルトラマン VOL.4」
●これがコドモにバカ受け!「うわー模型!模型すぎる!バレバレじゃん!チャちい!」CG技術が成熟した現代の映像に慣れた21世紀少年少女に、このズルムケすぎる昭和ローテクが逆に斬新だった模様。「なんだか、意外とリアルだなあー」「へーよくできてるなあー」ストーリーとかには全然関心がなくて、やや上から目線のナマイキ批評っぷりが、なんだかオモシロい。
●息子ノマド「そうか…これが『特撮』っていうんだ。これ見てから、この前の展覧会行けばよかったなー」そうか…パパはオマエたちがそこまで「特撮」を知らなかったってコトに気付いてなかったわ。せっかく連れていったのに、全然楽しんでもらえなかったから、ちょっとショックだったよね。「特撮博物館」で展示されてたモノがどうやってアウトプットされるのか、全く知らなければ確かに楽しめないのは当然だよな。

Pen+(ペン・プラス) 円谷プロの魅力を探る。 ウルトラマン大研究! 2012年 4:13号 別冊

「Pen+ 円谷プロの魅力を探る。ウルトラマン大研究! 2012年4/13号 別冊」
●これも読んじゃった。初代「ウルトラマン」の登場がいかに巨大なインパクトだったか実感。なんと最高視聴率42.8%を記録したという。スゲエ。ウルトラシリーズの最新作「ウルトラマンサーガ」では、主人公が DAIGO、科学特捜隊のポジションである「チームU」が秋元才加、宮澤佐江他全員 AKB48 というのが今っぽいなと。



秋元才加、いい仕事してる模様。ボク、彼女のこと基本好きです。



●ああそうそう、娘ヒヨコと毎週楽しみに見ていたアニメ「AKB0048」が甚だ中途半端なカタチで最終回を迎えてしまった。これ伏線が全然解決されてねえ!ヒヨコぷんぷん。シーズン2は来年放送らしい。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/1386-ab08d875