●音楽プロデューサー・佐久間正英さんの末期ガン告白。思わず言葉を失う…。
 http://masahidesakuma.net/2013/08/goodbye-world.html


●暑いよ…。具合悪い…。
群馬や山梨で気温40℃超えたそうだよ…。
●カラダにこたえるわ…。安定剤飲もうっと…。



●音楽で涼みたい…。

MYLO「DESTROY ROCK ROLL」

MYLO「DESTROY ROCK & ROLL」2004年
なんか物騒なタイトルのワリには、実はノーブルなエレクトロでありました。テンポもグッと抑えてあって、テンションを無理に上げない感じと、シンセフェティッシュで端正な音色が、涼しい。エレクトロ全盛の時に聴いた時はもっと批評精神溢れる攻撃性も感じたんだけどな…今はもっと普遍的なポップスとして高機能に鳴っている。「SUNWORSHIPPER」のトロケそうなエレピのフレーズがいい…「DROP THE PRESSURE」の弾むシンセベースとキックのシンプルさがいい。「OTTO'S JOURNEY」のエレクトロディスコっぷり。
ああ、思いがけず、エレクトロ/テクノで涼しい思いをした。ちょっとこの路線で涼しい音楽を探したい。
●ちなみに、「DESTROY ROCK & ROLL」は80年代に活躍したロックやポップスの聖人たちの名前をひたすら列挙しまくる…MICHAEL JACKSON、PRINCE、BRUCE SPRINGSTEEN、TINA TURNER、DAVID BOWIE、VAN HALEN、MADONNA、HUEY LEWIS & THE NEWS、THE CARS、HERBIE HANCOCK、BONNIE TYLER、STEVIE NICKS、MEN AT WORK、ZZ TOP、DURAN DURAN、DURAN RUDAN、DURAN DURAN……。

909STATE「6TRACKS (FOR MIRAI)」

909STATE「6TRACKS (FOR MIRAI)」2010年
909STATE「PIANO LESSON」2011年
端正なエレクトロ/テクノを探して、ネットレーベル MALTINE RECORDS でダウンロードした 909STATE の音源に行きつく。ユニット名はもちろん、あの90年代マンチェスターからアシッドテクノを鳴らしてたユニット、808 STATE をもじってるワケですよね。拠点は宝塚市とのことです。データしかないのに、ジャケはわざわざ12インチ風。あ、左上のマーク、808 STATE にマジでソックリ。
●で、本家と同じく端正なシンセポップなのですね。ああ涼しい。テクノ/ハウス黎明期に活動した 808 STATE って今聴くと実にポップだったりもするから。そこを範としてくれると実に心地がいい。ただ、こちらの 909STATE は、後半戦となるとアンダーグラウンドな凶悪アシッドがブヨブヨ言い出すので注意。曲名も「半殺しガール」だし。

MIRRORBALL INFERNO「SUPER SALE OUT」

MIRRORBALL INFERNO「SUPER SALE OUT」2010年
90年代アシッドを通り越して、80年代の YELLOW MAGIC ORCHESTRA まで見えてくる、実にスクエアなテクノ。端正なシンセフェティシズムが可憐だわ。イトーヨーカドーまでパクったジャケのセンスも最高。あの地下一階の食料品売場にある独特な漂泊感(&落ち着いた冷房の気分)が、キラキラしてココに音響化してる。MALTINE RECORDS オモシロい!

GIGANDECT「SUMMER」

GIGANDECT「SUMMER」2013年
●直球で「夏」!問答無用にキラキラ夏全開ですわ。硬質なテックハウスだけど、湿度をうまく吸い込んだ季節感の折込み方がハンパなく見事でナイスなビッグチューンに仕上がっております。リミキサーには XYLOID PA'S LAM SYSTEMKOSMO KAT といった MALTINE ではお馴染みのアーティストが参加。

市民プールサイド

VARIOUS ARTISTS「市民プールサイド」2013年
●今のトコロ、MALTINE RECORDS で最新の音源。「夏」をテーマにしたコンピですわ。ジャケだけで十分胸キュンですが、ボーカルを含んだエレポップもラインナップされてて、チャーミングさと人懐っこさが倍層。時にメロウにも響く。80年代シティポップ風アレンジのギミックがリゾート気分に繋がってるんだな。そんなリゾート気分を「市民プール」というフレーズで照れ隠し。もちろんシンセフェティシズムも絶好調です。参加アーティストのうち、OKADADA はこの界隈でよく名前を見るなあ。前述の KOSMO KAT も参加。最後を締めくくるレイドバックしすぎた日本語ヒップホップはパブリック娘。というアーティストだけど、キチンと野郎3人組であります。


●あ、今日の記事の前提になってるネットレーベル MALTINE RECORDS に出会ったときの感動コチラの記事に書いてます。ご参考まで。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/1550-e5f835e0