●深夜にカミナリと雨。


●うまく眠れない日が続いている…。

今朝、軽くパニックを起こして、会社を休んだ。
●8月末からずっと体調が悪かったのは事実で、ナカナカにメンドクサイ案件の重要局面を昨日突破したが故に、緊張が破れてカラダとココロがグシャッと崩れたのだろう。


●このブログは音楽メインと見せかけて、来訪者の方にはナニゲにメンタルヘルス関係で検索ヒッカケて到達してる人も多いようなので、「パニック」について説明してみる…あくまで個人的な見解だけど。

●今や医者には「緩解」状態といわれ、デパス&メイラックス程度のポピュラーな安定剤ぐらいしか飲んでないボク。でも、まーしんどい時はしんどい。そもそも自律神経失調症なのでカラダの緊張がうまく抜けず、常に筋肉がイタい。最近は足全体、そして腰〜背筋だ。肩コリと眼精疲労に苦しんでいた昔とはチト場所が違うが、どんなに休んでも抜けない披露に辟易する。

●その延長に「パニック」がやってくる。これを一般的な「パニック」と同じといっていいのか?医者じゃナイからワカランけど、当事者本人の主観からいうと、理性がバラバラになって冷静な価値判断がまるで出来なくなる状態だ。別に「ギャー!」とかわめき出すほどのコトじゃない…ただ、思考が細切れになって、周囲の状況に反応ができなくなる。他人から見るとフリーズしているように見えているかも知れない。ナニかをしなくちゃいけない状況では、より一層困る。携帯電話をドコに置いたかわからなくなる、外出するにも着ていく服が選べない。何時に出勤すべきかは分かっているが、それに絶対間に合わないコトも分かって、感情的になってしまう。

●カントの「純粋理性批判」とかデカルトの「我思うゆえに我あり」といった近代的自我は、一貫性のある理性的思考が人間の基本的スペックと規定してきた、とボクは思っていたし、その基本スペックはボク自身にも搭載されてると素朴に信じていた。病気になる以前までは。ところが、その基本スペックは非常にモロくて簡単に細切れになるということが体験的にわかってしまった。その瞬間「〜すべし」「〜しなければならない」「〜したほうがいい」は全部バラバラになって優先順位や一貫性を失い、結局なにをしたらイイのか真っ白にわからなくなる。ココにフィジカルな痛みも混乱に拍車をかける…腰が痛い、アタマが痛い、胃が痛い。ガマンできないのかと言われれば特別スゴいわけじゃない救急車呼んでくれってほどじゃない。でも、ずーっとイタい、起きている間ずーっとイタいとホントに消耗する。

●そんな有様で、仕事が務まるのか?資料や書類が作れるのか?打合せがこなせるのか?甚だヤバい。数分ならこなせるかも知れないがまる一日はこなせない。一貫性が持続しないから。結局は会社を休んでも、メールをさばいたり資料を作ったり電話をかけたりはしてるのだ。ただ同じくらいベッドに横になって、デパスの2錠でも入れて、思考を落ち着かせなければならない。
今日は神経の緊張を解きほぐしたいあまりに、4時間くらい風呂につかってた。4時間もー?冷静な価値判断ができないって、結果的にそういうヘンテコな行動に繋がるわけですよ。これがいきなりラッパの練習を始めるとか、ネットショッピングをずっと続けるとか、他人に電話しまくるとか、人によっては様々なパターンで奇妙な行為が飛び出すわけですが、理性が細切れになった思考の結果、本人はソレが最善だとホントに思ってたりしてるのです。ボクには経験がないけど、幻聴や幻覚を抱えちゃってる人はホントにご苦労ですわ。由来不明の外野からアレコレ言われたら思考制御できないでしょ。ホント大変。

●久しぶりに、メンタル系の過去記事リンクを張っときます。
 http://unimogroove.blog4.fc2.com/blog-category-7.html





ソーシャルに気をつけよう。
●娘が「ドリトル先生」シリーズに夢中。動物と楽しく暮らすドリトル先生と、結婚したい!とまで言い出した。それなら「ドリトル先生」の本をAmazonで買ってあげるよ、と言ったらぴょんぴょん小躍りして喜んでる。購入ボタンポチッ!
●…ってな内容を、ソーシャルにつぶやいてしまった…。ボクは病気で会社休んでます。コレ見て「会社休んでるのにアイツはナニやってるんだ!」と怒る人がいるんだよね…。ああ,失敗した。ある一定の健常者には、病人には病人らしくふるまうポーズが必要なんだわ。それがプロトコルなんだわ。

「ドリトル先生」

「ドリトル先生アフリカにいく」
●ドリトル先生の本職は医者で、結構な収入もあると見せかけて、動物にハマって度々破産してるらしい。娘の結婚相手には、ちとだめんず要素アリにて注意が必要。日本にもムツゴロウさんという、破綻経験のある動物の専門家がいるよ、って教えようと思ったけど、なんか夢が壊れそうな気がして説明はヤメた。



●そんな、オカシイ夜中に聴く音楽。

JAMES BLAKE「OVERGROWN」

JAMES BLAKE「OVERGROWN」2013年
●もはやポストダブステップとかのくくりが関係ない領域まで到達してる、見事なボーカルアルバム。彼の歌唱から迸る水気はダブ音響の中で即座に結露結晶して、うっとうしい残暑に参っているカラダの体温をスッと下げてくれる。うまく眠れない真夜中に効く1枚。



●ここ数日、神経が参っているのは、「あまちゃん」が3/11の震災を描いたのがキッカケなのかもしれない。
秀逸な演出で、実際の被災映像も、具体的で大袈裟な表現も、ナニもなかったのに。
それでも、あの日の、あの日以降の、不安をマザマザと蘇らせてくれた。
●主人公たちが歌った GMT「地元に帰ろう」は、チープなスロウで退屈だと思ってたけど、この震災以降モードに聴くと実に沁みる。「地元に帰ろう 地元で会おう」の素朴なリフレインに、メンバーが故郷の名を元気よく叫ぶ時、なぜか涙がこみ上げてくる。「埼玉!沖縄!仙台!佐賀!ブラジル!岩手!…岩手!」
●残念ながら、シャレにならない汚染水流出でフクイチは全く予断ならない状況。毎時1800ミリシーベルトってなんだよ?!てか単位が違うよ1.8シーベルトだよ!1999年の東海村JCO臨界事故じゃ6シーベルト被爆した人が一年持たずに亡くなってるんだよ。これもう死人が出るよ。世間が汚染水慣れしてんのもヤバいよ!

あまちゃん 歌のアルバム

●こんなことでガタガタいってるのも、ある種パニックのなせるワザですので、話半分で。
天野春子バージョンではなく、未熟さあふれるアキちゃんユイちゃん潮騒のメモリーズバージョンの「潮騒のメモリー」を聴いて落ち着こう。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/1558-0ed274c4