2006.12.10 2006/12/10(SUN)

●ダラダラと過ごす休日。ハードワークの後は前後不覚でただ音楽を聴くことしか出来ない。娘ヒヨコだけが異常にハイでアフラックのCMソング「よーくかんがえよー」をラウドに歌っている。

RAY CHARLES「RAY CHARLES」

RAY CHARLES「WHATD I SAY」

●今日のBGM。ATLANTIC 再発特集。RAY CHARLES「RAY CHARLES」(57)「WHAT'D I SAY」(59)。映画「RAY」で出てきた代表曲がいっぱいだ。

OTIS REDDING「OTIS BLUE」

OTIS REDDING「OTIS BLUE」(65)。貫禄の熱唱だけど、当時のオーティスはまだ20代前半だったんだ!ビックリ。

ARETHA FRANKLIN「I NEVER LOVED A MAN THE WAY I LOVE YOU」

ARETHA FRANKLIN「ARETHA NOW」

ARETHA FRANKLIN「I NEVER LOVED A MAN THE WAY I LOVE YOU」(67)「ARETHA NOW」(68)。この二枚の間は1年しかないのにグググッとモダンに進化してて驚く。キャッチーなソウルが聴きやすい!

THE SMITHS「HATFUL OF HORROW」

●THE SMITHS 紙ジャケ再発の続き「HATFUL OF HORROW」(84)。セカンドアルバム。初期名作をぎっしり収録。

durutti_live.jpg

DURUTTI COLUMN「LIVE AT THE VENUE LONDON」(83)。80年代UKの名レーベル FACTORY の地味な看板アーティスト。サイケな浮遊感、たゆたうギター。

JOHN McLAUGHLIN, AL DI MEOLA  PACO DE LUCIA「FRIDAY NIGHT IN SAN FRANCISCO」

JOHN McLAUGHLIN, AL DI MEOLA & PACO DE LUCIA「FRIDAY NIGHT IN SAN FRANCISCO」(81)。ジャズフュージョン界の超絶ギタリストが三人集合してのライブ盤。アコギ三本真剣勝負。

ATLANTIC STARR「ALL IN THE NAME OF LOVE

ATLANTIC STARR「ALL IN THE NAME OF LOVE」(87)。今聴くと恥ずかしいほどの、キラキラ・シンセ・ファンク。一番痛いトコロだわ。

ALYSON WILLIAMS「RAW」

ALYSON WILLIAMS「RAW」(89)。世界で一番最初のヒップホップソウルと言われているけど、実に真っ当な80年代ブラコンだぞ。どこがヒップホップ?と思ったら後半そんな曲も出てきた。なんか微笑ましい。

「MIAMI VICE」

●サントラ「MIAMI VICE」MOGWAI とか MOBY とか。

NEUTRAL 美しきアフリカの大地

●たまった雑誌をパラパラ。「NEUTRAL」特集/美しきアフリカの大地。「東洋経済」特集/ホワイトカラーの没落 落ちる中間層。「STUDIO VOICE」特集/90年代カルチャー完全マニュアル。

学歴社会の楽しみ方 2006-2007年度版

●ムック「学歴社会の楽しみ方」。読んでみてわかったが、やっぱりボクには学歴社会は楽しめない。

林田球「ドロヘドロ」1~8巻

●マンガヘッド。林田球「ドロヘドロ」1~8巻。新入社員の女の子から借りて読みました。むむむ!面白い。サイバーパンク・ミーツ・魔法。新しい。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/161-75ae7c7f