●激しいうつの波、到来。一日中身動き取れないほど。


LEONARD COHEN「VARIOUS POSITIONS」

LEONARD COHEN「VARIOUS POSITIONS」1984年
●今年80歳というカナダ出身のシンガーソングライター LEONARD COHEN は、小説家でもあったり詩人であったりと多芸。60年から活躍するベテランダンディ。
●今日は、彼の代表曲「HALLELUJAH」を聴きたくて買ったこのアルバムを聴いてすごす。「HALLELUJAH」色々なアーティストにカバーされてる傑作。だから古い曲だと思ってたんだけど、彼のキャリアからすると、1984年の作品だったってのは、意外なほど時代が下ってるな…。がゆえに、他の収録曲が、ちょっと薄っぺらく聴こえてしまうのが残念。でも「HALLELUJAH」は…。その物悲しい響きが、心を慰めてくれる。


俺は秘密の和音があると聞いたのさ。
ダビデ王が神を悦ばせるために奏でたというコード。
でも王は、本当にこの音楽を気にいってたのかな。
そのコードはこんな風に進むのさ
第四音、第五音、短調が終わり、長調が立ち上がる。
困惑した王がハレルヤを編み出している。
ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ…。

王の信仰は強いものだったが、証しが必要だった。
屋根の上で彼女が水浴びする様子を王は見てしまった。
彼女の美しさと月光が、王を打ちのめしてしまったのさ。
彼女は台所の椅子に王を縛り付け、
王座を破壊し、髪の毛を切ってしまった。
そして王の唇から、ハレルヤを描き出した。
ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ…。

あんたは、俺が無駄に名前を捨てたという…。
俺自身にも、名前がわからない。
でも俺が本当にどうしようと、
あんたにとってそれがなんだというんだ?
あらゆる言葉に光の輝きがある。
あんたが聴いたものが、聖なるハレルヤであろうと
壊れたハレルヤであろうと、大したことじゃない。
ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ…。

俺は最善を尽くしたつもりだったが十分じゃなかったようだ。
何も感じないから、触ってみようとしたんだ。
真実を話そうとしたんだ、あんたを欺こうとしたんじゃない。
結局、全てが間違った方に進んでしまったのに、
俺は今、歌の神の前に立っている。
俺の舌にはこの言葉しか残っていない。
ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ…。


●YOUTUBE でいろいろなアーティストの「HALLELUJAH」を聴き比べてみよう。


LEONARD COHEN の最初のバージョン。1984年。




JEFF BUCKLEY「HALLELUJAH」。1994年。ギター一本の弾き語り。
●ボクが最初に聴いたのは彼のカバーだった。後半の歌詞がオリジナルと違うと、今知った。
●1997年、JEFF はミシシッピ川で溺死してしまう。




RUFUS WAINWRIGHT「HALLELUJAH」。2001年。
個人的にはコレが一番好きだ。ピアノのシンプルな弾き語り。歌詞は JEFF BUCKLEY のバージョンに、さらに追加をしてる。なんかみんな解釈が自由だな。
●アニメ映画「シュレック」サントラに収録されてる。




BON JOVI もやってた。しっかり BON JOVI 風味。




●人気リアリティショー「THE X FACTOR」2008年、ALEXANDRA BURKE という女性のパフォーマンス。圧倒的なパワーだね。感動的だ。




LEONARD COHEN ご本人の最近(2009年頃?)の渋いライブバージョン。75歳頃か?歌詞もアレンジされてる。




●ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ…。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/1761-5200e864