●Hulu に新しいアニメが追加された。コドモたちと見る。

PSYCHO-PASS~hulu

「PSYCHO-PASS」
●注目すべきことに、定額制動画配信サービス Hulu に、「ノイタミナ」シリーズが入荷された。つまり、日本テレビが買収したこのサービスに、TBS、テレビ東京、NHK、テレビ朝日、そしてフジテレビと、キー局すべてがコンテンツを出した。アメリカから全世界に進出を目指す巨大サービス NETFLIX 上陸前夜に、呉越同舟でテレビ局が結集したわけだ。dTVといい、動画配信サービスにいっぱい楽しそうなコンテンツが出てくるので、いろいろ目移りしてしまう。
「PSYCHO-PASS」は話題になってたのに見逃してたアニメ。やっとまとまって見られる!うれしい!そんで予想以上の作り込まれた世界観に引き込まれてる。バーチャルリアリティやソーシャルメディア、そして IOT 技術が導き出す近未来社会の犯罪のあり方があまりに鮮やかで思わず唸ります。そして主人公たちが持つ「ドミネーター」という銃の、メカ・フェティッシュなデザインもイイ…。モバイルでオンラインにないと役に立たないトコロとかマジ素敵…。で、そんな銃をぶっ放された犯罪者が、肉塊として弾け飛ぶ様子も実にフェティッシュだわ。ヒロイン・常守朱(つねもりあかね)の初々しい佇まいは、「攻殻機動隊」草薙素子に新人時代があったらこんな感じかと連想させる気分もある。これでしばらく楽しめそう!
●脚本は、虚淵玄(うろぶちげん)「魔法少女まどか☆マギカ」を担当した人物として注目してた。ここでもイイ味出してるなーやっぱすごいなー。


●主題歌もクールだった。そのバンドの音源に注目。

凛として時雨「FEELING YOUR UFO」

凛として時雨「FEELING YOUR UFO」2006年
「PSYCHO-PASS」の後半(1~11話)のオープニングテーマ「ABNORMALIZED」を担っているのがこのバンド、凛として時雨。バンド名が鮮やかな日本語ってのは、椿屋四重奏と並んで印象深かった…2000年代真ん中あたりには、エッジーでシリアスなロックバンドがたくさん登場してきて、マスメディアやチャートとは関係無いところでジワジワと存在感を高めている時期だったと思う。ELLEGARDEN「RIOT ON THE GRILL」で一気に武名を高めたのが2005年。9MM PARABELLUM BULLET が最初のインディアルバムをドロップしたのもこの年。椿屋四重奏の最初のアルバムは前年の2004年。凛として時雨もこのあたり2005年に最初のアルバムを自主レーベルからリリース。その次にリリースしたミニアルバムがこれ。
男女のツインボーカルによるハイスピードなエモロックがキレキレにエッジー。男女の区別がつかないほどのハイトーンボイスで歌うギタリスト・TK のヒリヒリする歌唱が実にスリリング。トリオのシンプルなバンド構成ながら、手数の多いドラムと生々しいギターが醸すピリピリした緊張感がクールで、本当に凛々しい。

凛として時雨「MOMENT A RHYTHM」

凛として時雨「MOMENT A RHYTHM」2008年
メジャーへの移籍シングル。なんだけど、実に野心的なアプローチ。16分超えの長尺曲を一つだけ収録。加えてDVDサイズの変形ジャケットには、バンドリーダー TK によるイギリス撮影の写真集を収録。フィルムのざらついた粒子の質感が風景写真をより一層ひんやりと冷やす。楽曲もそれまでの持ち味であったキレキレのスピード感を封印して、メランコリーとポストロックアプローチで叙情を描く作風へ突入。
●メジャー進出後の音源は、この特殊シングル以降は聴いていない…そこでの「PSYCHO-PASS」での再会。今後は彼らの近作にもっと注目していこう。

NOTHINGS CARVED IN STONE「A SILVER FILM」

NOTHING'S CARVED IN STONE「A SILVER FILM」2012年
●こちらは、「PSYCHO-PASS」の後半(12~22話)のオープニングテーマ「OUT OF CONTROL」を担ったバンドのライブDVD @ ZEPP DIVERCITY TOKYO。このバンドは、元 ELLEGARDEN のリーダーだったギタリスト・生形真一と、STRAIGHTENER、ZAZEN BOYS、ART-SCHOOL などのバンドで活躍したベーシスト・日向秀和を中心に2009年に結成。キレッキレのエッジーなギターサウンドと、ファンキーなベースライン、そしてエモいメロディ。カミソリのように鋭利なガレージロックが疾駆する。
ELLEGARDEN が分解してからは、バンドの詞曲のほとんどを担っていた細美武士の作ったバンド THE HIATUS に目がいってしまってたけど、生形真一こそが ELLEGARDEN を組織した男であって、あのバンドのスリリングなギターサウンドを体現してたのもこの男だったわけで。もっと生形の存在と動向に注目しなければ。

ELLEGARDEN「ELEVEN FIRE CRACKER」

ELLEGARDEN「ELEVEN FIRE CRACKER」2006年
2008年に解散する ELLEGARDEN の最後のオリジナルアルバム。この作品の前作にあたる5枚目のアルバム「RIOT ON THE GRILL」でブレイクを果たすも、当事者たちにとってこの立場の激変は大変なストレスになったそうで、その流れを継ぐこのアルバムの制作はナカナカに難航したそうな。特に詞曲ソングライティングを担当する細美武士の負担は重く、苦闘が続いたという。そしてその後、ほどなくしてバンドは解散。1998年結成なので10年一区切りといえば収まりがいいが、バンドはそのままの形では存続不可能になってしまったようだ。
●しかし、アルバムの内容に関しては十分に充実している。よりハードになったパンクサウンドにエモいメロディ、そして細美武士のボーカルにわずかに漂う甘さが実にキャッチーで力強い。

THE HIATUS「ANOMALY」

THE HIATUS「ANOMALY」2010年
ELLEGARDEN 解体後に細美武士が組織したバンドのセカンドアルバム。今までのようにソリッドなハードコアサウンドの曲もあれば、ピアノをメインに据えた可憐なナンバーや静謐でメロウな楽曲も盛り込んでいる。より自由度の高い音楽を追求する細美の姿勢が、大きく翼を広げているよう。プロデュースを細美と共同で担ったバンドのキーボーディスト、そして NEIL & IRAIZA 名義で渋谷系アーティストの制作に関わってきた堀江博久が活躍しているようだ。



●ちなみに、Hulu。テレビ朝日提供の「時効警察」も最近入荷してる。
●やっぱこれも傑作だな。脚本&監督の三木聡さんがキレまくってるね。ムダ要素をムダに入れ込んで目が離せないもんね。一時期、これをキッカケに三木作品見まくった時期があったよ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/1767-f23a3b7d