●そうそう、この前の、土用の丑の日、我が家の食卓に久しぶりのウナギ。
「コレ、一枚で1300円よ…」とワイフ。ゲ!そんなに高いの!CD買えるだろ…。
●ワイフ「特売品でこの値段…。普通の値段だと1980円。」マジかよ…。
●ノマド、オマエの時代には、本当にウナギ絶滅しちゃうかもな…。


ASH「SOUNDTRACKS MORE - MUSIC FOR 逃亡くそたわけ」

ASH「SOUNDTRACKS & MORE - MUSIC FOR 逃亡くそたわけ」2007年
オルタナ風味のギターロックを基軸にしたサントラモノ。ザラザラした質感が90年代グランジで。時にもっと素朴にロウファイフォークで。無造作なギターが少々シューゲイザーでもあって。そんな音楽が、ちょっと自己主張を押さえたサントラとしての佇まいでひっそりとしている様子が、絶妙に優しい。映画「逃亡くそたわけ」ってのはどんなお話かよくわからない…精神病院から若い男女が逃げるみたいだけど。それ以上に、この ASH って人物についてはもっとよくわからない。ただギターへのこだわりようはスゴイ…。テンションが上がり過ぎてしまった夜を丁寧にチルアウトしてくれる。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/1781-5c486ff1