ここ最近、ウロチョロして訪ねたレコード屋さんたち。

JAZZYSPORT.jpg

下北沢・JAZZY SPORT 下北沢店。
●下北沢は栄枯盛衰が激しい場所で、お店の入れ替わりがとにかく激しい。娘ヒヨコが大好きだったステーキハウスも閉店するってさ。飲食もカフェもアパレルも本屋も全部激戦。今年のトピックは南口商店街に出来た韓国系チェーンのフローズンヨーグルト屋さんかな(ヒヨコはフロヨと呼ぶ)。夏の週末には行列ができたり。そのフロヨ屋の裏手の雑居ビル3階にこのお店を見つけた。だってヒューマンビートボクシングの音が窓から漏れ聴こえてくるんだもん。びっくりだよ。
まずお店の名前でびびった。JAZZY SPORT DJ MITSU THE BEATS が主宰するヒップホップのインディレーベル。お店は学芸大学岩手・盛岡にあるはずなのだ。ボクは10年近く前に盛岡店で買い物したことがある。そん時はUKダブとか買ったかな?綺麗な景色の川沿ににある木造のお店が印象深くて。今の盛岡店はそこから引っ越してボルダリングのスタジオを併設しているらしい。で、この下北沢店には小さいスタジオがあって、ヨガやダンスのレッスンが行われてるのだ。ボクがたまたま耳にしたのは、あの日本最高のヒューマンビートボクサー AFRA さんのワークショップ。お店に入ってこれまたビックリ!うわ AFRA さんが目の前でレクチャーしてるよ。…在庫の方はちとオシャレ過ぎて悪食好みのボクにはちと持て余す感じだったが、気になるモノはいくつかあった。出直してキチンと買い物したい。

IMG_1708.jpg

経堂・ハスキーレコード。
●経堂駅の南口をテクテク歩いてちょっと脇に入ると、陽気なご主人が切り盛りしてるこのお店が見つかる。話好きなご主人が気さくに声をかけてきてくれて、オススメの盤を片っぱしから聴かせてくれるんだよ。多分お客の顔や態度で好みを推測してくれてるんだけど、ボクには珍しい国のワールドミュージックをたっぷり聴かせてくれた。確かに在庫も非英語圏に偏ってるかもしれない。最終的にはブラジルものを買ってしまったよ。そもそも東京でご主人と話し込めるお店は珍しい。音楽好きとお話しするのは楽しいよね。

IMG_1727.jpg

東陽町・ダウンタウンレコード。
東陽町ってそもそもドコだよ?地下鉄東西線で東側に行って門前仲町の隣までいくトコロ。東京に3カ所ある運転免許試験場のうちの一つ、江東運転免許試験場がココにある。ペーパードライバーになっちゃったけど免許の更新はしてるボクが、試しに検索したら駅の近所にレコ屋があるコトを発見したってワケ。アナログ100%の清潔なお店。それなりのアイテムとそれなりのお値段、と思ったら、やっぱり激安の棚があって、そこで悪食な買い物をしてしまった。しめしめ。

IMG_1716.jpg

下高井戸・トラスムンド。
●ヨガ教室で最近よく通ってる明大前はレコ屋が滅亡してるので、隣町である下高井戸まで足を伸ばしてみた。本来的にはヒップホップ系のお店なのかな?それがオールジャンルまで手を伸ばしてる。DJさんが手放したアナログ盤がまるっと段ボールで出てたり古本もアレコレあったり。世田谷区にはまだまだレコ屋はいっぱいあるのでもっとアグレッシブに掘り込まないといけないな。

IMG_1343.jpg

神保町・ジャニス2
古本屋街で有名な神保町は、レコ屋地帯としても超重要地帯だわな。特にこのジャニスはこの街のレコ屋文化を支えるコアの一つ。今時珍しいことに、ジャニス1はレンタルショップなのだ。だから販売がないので実はほどんと利用したことがない。こちらのジャニス2は普通の中古販売店。意外な掘り出し物があってうれしかったね。神保町から御茶ノ水にはディスクユニオンがいくつかあるし、これまた老舗のレコード社も健在のはずだ。あとカレー屋がおいしいね。

IMG_4109.jpg

江古田・ココナッツディスク江古田店。
●ちょっとした縁が江古田に出来て、その度にちょくちょくチェックするようになったお店。単価が安くないのでそんなにたくさんは買ってないけど、趣味がいいですな〜。おしゃれです。ボクが好むのはカオティックなお店がメインだから、少々お澄まし顏な気分は、ちょっとだけむず痒い。ココナッツディスクは一時期代々木店にハマった時期があったんだけど、今もあるんだっけ?あと池袋吉祥寺もあったっけな。

IMG_2879_20151004214837765.jpg

北千住・ファンタンゴレコード。
北千住とか長く東京住んでても未知のゾーンだったよ。とにかく北側苦手だな。知らなかったけどココはたくさんの大学が集まってる学生街になってるのね。個性的な食べ物屋さんも商店街もあるみたいだったし。ボクはレコ屋検索でこの店見つけて、ちょっとだけ覗いてみようと思っただけ。したら、とってもよいお店だった。スイスのジャズファンクバンドをお勧めしてもらって、買ってしまった。渋い80年代ニューウェーヴモノも見つけて嬉しかった。

IMG_3020_201510042202467b5.jpg

秋葉原・タワーレコード秋葉原店。
秋葉原だけあって、アイドル系の在庫はスゴイ。インストアの頻度もスゴイ。そのインストアのインディアイドルちゃんがどんなにトホホでも、ケイタイで写真撮ろうとするとすごく厳しくチェックされる。同じフロアにある有隣堂のマンガ在庫が立派なので、アイドルに縁がなくてもついでに立ち寄ってしまうという意味では、今一番の頻度で行ってしまうタワレコ。で、実はこの激安ワゴンがスゴイ。需要と供給のバランスが他のタワレコと全然違うのか、バーゲンセールにでる物件がナニゲにボク好みのアングラものでウレシい。しかも300円以下までプライスダウンされるからね。ここではダブステップ系のアルバムとか、ANTICON 系のヒップホップバンドとか、UKガレージバンドのブルーレイとか、濃ゆいモノをディグさせてもらってる。

IMG_3005_20151004220247974.jpg

立川・ディスクユニオン立川店
立川のディスクユニオンは今年初めて行った。お隣の駅・国立ディスクユニオンが健在だった長い時代にはソコで十分だったからね。国立ディスクユニオンは高校生の頃から通ってたが…もうお店がなくなって10年くらい経つのかな。下北沢ディスクユニオンがなにしろ居心地がいいので、他のディスクユニオン(新宿、渋谷や吉祥寺)に行くとガッカリすることが多くてココも敬遠してた。まーそんなに感動はない。でもエモを二枚くらい買ってしまった。

IMG_3093.jpg

蒲田・えとせとらレコード。
今から20年前には、新宿にも2つくらい支店があって、この蒲田の街には1号店から4号店くらいまであった、素晴らしい名店だったんだよ。博覧強記のラインナップで、仕事の都合で過去の歌謡曲を探す時とかメチャメチャ助かった。電話で問い合わせするだけで「それならありますよ、取り置きしておきますね」なんて対応してくれたんだ。ボクにとって「蒲田=えとせとら」ってほどの存在感だったよ。でも、今は小さいお店一軒だけになっちゃって、膨大な在庫がパンクしててマトモにチェックできない。この変貌ぶりにはショックを受けたけど、でもココでもちゃんと何枚か掘り出し物を見つけたよ。



●なんとなく、聴いてる音源。

サンボマスター「希望の道」

サンボマスター「希望の道」2011年
彼らが自分たちの代表曲をアコースティックセットでセルフカバーしたスタジオライブ盤。いつもの爆音なくしても、抑制されたトーンの中から真心が伝わって来る愛おしい演奏。ラストは「美しき人間の日々」。ボクが彼らを知った最初の曲。アコースティックでも最高な曲だった。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/1800-6c43141c