日本の夏。一年に一回だけふと考える、あの「第二次世界大戦」のこと。

55NSQb.jpg

ユーキャン「昭和と戦争 - 語り継ぐ7000日 - 」
●DVD全8巻セット。満州事変からサンフランシスコ講和条約まで、記録映像でつづるあの戦争。仕事で使うつもりがあっという間にその必要がなくなり、45000円もするのに泣く泣く自腹で引き取ったシロモノ。買ったのは去年、2年越しでやっと全部見通した。
●ボクみたいなモンが、あの戦争を語る細かく語る資格もないので、このDVDを見てビビった事実を列挙します。

577TvK02l.jpg
(昭和7年満州国建国)
●基本的に当時の記録映像は全てプロパガンダなので、その美化されっぷりが凄まじい。満州への移民奨励ニュースでは、日本の暮らしよりずっと豊かで文化的な生活ができる!と喧伝する。「有り余る土地、豊かな実り、頼りになる兵隊さん、現地人も大歓迎!」これじゃ貧困に苦しむ内地の人が、開拓団に加わりたくなる気持ちもわかる。実際はとんでもない僻地に連れて行かれるのに。

「撃ちてし止まぬ」というフレーズを「古事記」から引用するとか、「部隊全滅/全員戦死」「玉砕」と言い換えるとか、「アメリカ占領軍」「進駐軍」と言い換えるとか。こういうコピーを考えるセンスって…。悲惨な戦争のイメージを和らげるために、マスメディアで新しい「言葉」を作る連中って、どんなヤツらだったんだろ。

57J9.jpg
(別れの杯を交わす神風特攻隊員)
●あと、神風特攻隊の出撃命令に対して、家族に「おめでとうございます」と伝えるセンス。それを「お正月が来たようです」と答えるセンス。

B-29.jpg

●日本諸都市を焦土とした重爆撃機 B-29 フォートレス「砦」の名を持つこの最新鋭兵器の開発に、アメリカは30億ドル投下してるという。当時の日本の国家予算の半分以上の巨額だ。こりゃかなわないよ。

57JUnU469.jpg
(学徒出陣)
「学徒出陣」は、人材が不足してる(つまりボコボコ死んでる)南方前線の下級将校の補充が目的だったという。いくら大学教育を受けていると言っても、20歳前後の若造にいきなり将校は無理でしょう。現場で下士官や部下からかなりの陰湿なイジメを食らったという。そりゃそうだ、ポッと出の青ビョウタンに命預けられないでしょ。ナンも知らない学歴だけの新入社員に上司ヅラされてもねえ。

●敗戦時、日本帝国陸海軍の総員は700万人。当時の人口7000万人に対して10%。今の北朝鮮が人口2000万人に対して軍人が100万人。日本は北朝鮮よりももっと極端な軍事国家だった。

サイパン島攻防戦。日本軍3万人に対して、2万人の民間人移住者がいたそうな。日本軍には民間人を守る発想がなく、この2万人に投降を許さず、バンザイクリフ(天皇陛下万歳といいながら絶壁からダイブする)に追い込んだという。一体ナニを守る戦争なのか。

577Tx4m41.jpg
(沖縄における米軍の攻撃)
●沖縄線では、死者25万人の内、民間人が15万人。しかも
「沖縄語を話す者は間諜として之を処分す」
との指令。当時の沖縄で標準語しゃべれる人間がどれだけいたか。

●ソ連の参戦で、満州国境が虐殺と略奪に襲われている事実を知りながら、軍部は各日本領事館には、居留民に現地居留を指令。一方関東軍は速やかに南部へ避難を始めていたという。

57JUnc5cd.jpg
(民間人の引き揚げ)
●終戦時、本土以外に点在していた日本人は660万人。これが一斉に引き揚げてくる。人口の10%がスカンピンで無一文の戦争難民。これは大ピンチだ。でも現在のアフリカ諸国って日々こんな難民問題に苦しんでいるんだよね。今の日本は誰一人受け止めようとしないけど。

さて、我が家の戦争の話。
●既に亡くなったボクの祖父は、トラックの運転技術を買われて関東軍の自動車部隊に配属された。満州をトラックで駆け回り、物資を運んだ。当時のドライバーはいっぱしの上級エンジニアで、死んだら誰もクルマを動かせなくなる。だから戦闘となれば優先的に守ってもらえたらしい。
●その後戦争末期には、比較的安定していた関東軍から南方戦線に配属替え、「行けば死ぬだろな」と思いながら宇都宮基地で待機していたトコロで終戦。故郷の静岡には帰らず、栃木県でトラック稼業を始め、祖母と知り合ったという。
●生前の祖父に、小学生だったボクは結局あの質問だけは出来なかったな。「おじいちゃん、戦争行って、人殺したの?」本人もあまり語りたがらなかったしなあ。これが我が家の戦争の物語。これでおしまい。

●2001年以降に生まれた、文字通りの「21世紀少年」であるノマドヒヨコに、彼らのヒイジジが戦った「あの大戦争」の話をどう説明するか。「ノマド、昔な、世界中が全部巻き込まれた大戦争があったんだよ。ヨーロッパも日本も中国も全部戦争になったんだよ。」ジジババも生まれる前の遠い遠い昔と思うんだろうな。ボク自身も、肉声を以て伝えられる話は祖父の話だけだ。あとはヨソ様の書いた本とDVDの知識だけ。
●しかし、日本はあの戦争の重要な当事者であり、今だその過去の影響下にあるのは事実だ。そしてアメリカも、占領国を自らのイデオロギーに染め上げる手法を今だ全く反省していない。それはDVDのマッカーサー元帥の映像を見てそう思った。「こりゃ日本とイラク、まるっきり一緒だわ」ノマドは「イラク、しってるよ!センソウしてるトコロでしょ!」あれだけ露骨な帝国主義戦争の時代はもう終わったけど、世界は全然変わってないんだよ、ノマド。


体調は絶不調。休職一ヶ月経過しているのに全く良くならない。
●今朝は原因のよくわからない激しい腰痛で目が覚めて、身動きができない。ムリヤリ鍼灸院の予約をとり、午後タクシーで(というか歩けない)駆けつけた。
●あまりに激しい筋肉の緊張で、施術は右半身だけで時間いっぱいという中途半端な状況。右左の腰/背中の感覚がなんとなくズれている。くーっ、ストレッチのやり方を間違ってたのだろうか。筋肉の緊張はボチボチ改善されていたと思っていたのに、最初に逆戻りしたようだ…。この分では復帰は遠い。





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/184-52a1e338