コドモたちとDVDを静かに見る。
●病人らしく一日中家から一歩も出ず、12時間以上をフトンの上で過ごしている。新しい精神安定剤は本当に強烈で、グッタリしてナニもやる気が起こらない。ひたすら「休養」する。そんで居間でダラダラコドモとDVDを見てる。

「リロ&スティッチ」

「リロ&スティッチ」
●基本的な定番モノを今まで観てませんでした! ディズニー好きなのに、すんません。……イイ話でした。スティッチって、人工的に造られた生物兵器だったのね。自分の体重の3000倍の重量を持ち上げるパワーと、スーパーコンピュータ並みの頭脳、そして植え付けられた純粋な破壊本能。描き方じゃ最凶エイリアンのパニックアクションになる設定だわ。
●ヒヨコが時々涙を流しながら観てるのが印象的だった。リロちゃんはヒヨコそっくりだな。今週ヒヨコは前髪パッツンにしたからな。

甲虫王者ムシキング~森の民の伝説~ 1

「甲虫王者ムシキング 森の民の伝説」1巻
●テレビでやってたのを今更DVD借りて観てみました。カード欲しいとか言い出すとメンドクさいからワザと見せてなかったんだけど。主題歌のKIRORO「生きてこそ」っていい曲だな。


最近、中世ヨーロッパ史にハマってます(その2)。
●今回のテーマは「ヴァイキング」です。ゲルマン人の大移動が古代ローマ世界を葬った後、さらにやってきた第二波の「蛮族」の侵入。その秘密が知りたくて。

ヴァイキング時代―諸文明の起源〈9〉

角谷英則「ヴァイキング時代」
●ということでこの本を読んだら、ガクッと肩すかし。8~11世紀、ヨーロッパ中を暴れ回り、イギリス王室を乗っ取り、地中海のイタリア半島まで攻め込んだヴァイキングの冒険潭を期待してたのに、本の中身は「当時の遺跡の中から出てきた銀貨の数」を細かく分析するモノだった。渋い!渋すぎる!

●がしかし、コレが結構読み応えがある。スウェーデンの遺跡から出てきた銀貨はなんと「イスラム帝国」の貨幣なのだ! 著者は西欧方面へのヴァイキング行為には触れず、スカンジナヴィアの人々が東側の世界へ植民していく様子を、考古学的に検証していく。「北欧」から「中東」っすよ!ヨーロッパすっ飛ばして。
●現在のスウェーデンから出発して、植民団はフィンランド湾を進み、サンクトペテルブルグの裏側にあるラドガ湖に拠点を作る。ソコから河伝いに南下して現ウクライナのキエフまで到達。そこで現地の人々と共同して古代ロシアの原型ともいえるような国を興すに至る。そしてそのまま黒海沿岸にでて、当時最高の軍事力/科学力/経済力を持つイスラム文明に出会うのだ。

ヴァイキング時代以前の北欧は確かに未開で、真っ当な国家も、キリスト教も、貨幣経済もなかった。そんな連中が西欧相手には暴虐と略奪の限りを尽くしたのに対し、東側には比較的穏当に広く植民を果たし、イスラム最先端文明から貨幣経済を導入したとは愉快な話。イスラム文明を西欧は異教徒と拒絶したが、北欧の蛮族は、どっちの文明が開明的でどっちの文明が後進国か、ハッキリわかってたみたいね。

●本日のBGM。アナログに針を落とす。

RARE EARTH「GET READY」

RARE EARTH「GET READY」1969年
●R&Bの名門 MOTOWN が繰り出した初めての白人ロックバンド。プロデューサーは NORMAN WHITFIELD。70年代の MOTOWN の中で独特なサイケデリックファンク路線を切り開く男だ。仕上がりはネチっこいファンクロックで、SIDE B は21分超の大曲「GET READY」がドーンと繰り広げられている。実はこの曲 THE TEMPTATIONS のカバー。NORMAN は同じ曲を色々なアーティストに演らせて、でも完全に違うアレンジでまとめるのが得意らしい。原曲も聴いてみたいな。

RARE EARTH「MA」

RARE EARTH「MA」1973年
●これもプロデューサーを NORMAN WHITFIELD が務めている。そしてまたしても17分超の大曲を、今度はSIDE A 全部を使ってぶちかましている。表題曲「MA」だ。トグロを巻くようなファンクロックの嵐がネバネバと展開していく。この曲も THE TEMPTATIONS のカバーであり、NORMAN 本人の作曲だ。SIDE B 収録の「SMILING FACES SOMETIMES」 UNDISPUTED TRUTH が本家のサイケファンクの名曲。もう一曲あるテンプスのカバー「HUM ALONG AND DANCE」はパワフルなロックになってるね!1枚通して聴くと胃もたれ寸前のコッテリ味です。

CRYSTAL MANSION「THE CRYSTAL MANSION」

CRYSTAL MANSION「THE CRYSTAL MANSION」1972年
●白人ロックバンド RARE EARTH を売り出した MOTOWN は、このバンドの所属するサブレーベルの名前も「RARE EARTH」と名付けた。この CRYSTAL MANSION はそのレーべル RARE EARTH から出た白人ロックバンドだ。ファンキーというよりは、やや土臭さを残すサイケデリック寄りな音楽を鳴らしてる。ポップスに日和ってみれば器用にできるメロディ感覚を持ちながら、志で自分たちの音楽を追究したため商業的成功は得られなかったっぽい。札幌で1300円くらいだった。いい買い物だ。


●最近は、不眠で神経質になってるボクは、部屋を真っ暗闇にしないと眠れない。病気以前はどんな環境下でも会社のデスクでも床でも眠れたのに。今まで豆電球をつけてた寝室が真っ暗になって、娘ヒヨコがママにヒトコト言ってたらしい。「パパがデンキけしたらコワいから、ママ、ヒヨコのテをにぎっててね」


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/197-5e991289