●バレエの発表会、下北沢の阿波踊り、スイミングの短期講習と、様々な夏の行事を乗り切ったコドモたちに、パパからささやかなごホウビをプレゼント。

20070828163817.jpg

スクラップブックセット。クリアファイルと、ハサミとノリ。
●ヒヨコは以前から自主的にバレリーナのお気に入りの写真を集めていたので、キチンと整理したらたちまち立派なスクラップブックになった。カワイいワンちゃんのページや、キューピーちゃんばっかりのページも出来た。
●ノマドは、ロケットの写真や図解を集めてるらしい。あとはレゴのカタログに出て来るカッコいいメカとか。


そんなヒヨコとノマドのお楽しみイベントは、10月末のハロウィンである。
●ウチの近所(代々木上原方面)は町中でハロウィンを盛り上げてる。一般のおウチがお菓子を配ってくれたりするので、近所の子供達は思い思いのカッコで仮装し、町内を巡り歩くのだ。

で、気が早い事に、ヒヨコノマドから衣装の発注がママになされた。
●ヒヨコの発注書はコレ。

20070828170313.jpg

「リトル・マーメイド」アリエル風で!とのコトです。
●胸は貝ガラで被って、下半身は魚のシッポをつけるとの事。ヒヨコ、こんな水着みたいのじゃ寒いでしょ?ヒヨコ「はだいろのフクをきて、おヘソをかくの。」ほほう。ワイフには「ちゃんとオナカがヘッコンでみえるようにしてね!」と注文をつけたとのこと。ウエストのくびれのコトか?それはヒヨコのポンポコリンでは無理ではないだろうか。

ノマドの発注書は、卓上カレンダーの裏側に貼ってあった。

20070828170407.jpg

●ちゃんと10月31日に印をつけて、マジックで裏側まで矢印を引っ張ってる。下が発注書の拡大図。

20070828170435.jpg

●解読するのが難しいですが、父親のボクが翻訳します。上のキーワードは「あおいずぼん」、左から下へかけては「きろとくろ ちゃんちゃこ(黄色と黒のチャンチャンコの意)」、中央には「げた」の文字も。そして右上に「きたろ」。……つまり「ゲゲゲの鬼太郎」コスプレってコトですね。ママには口頭で「めだまのオヤジもつくってね!」とのこと。どうやって…? お化け仮装って意味では、和洋の違いはあれど確かに間違っちゃいません…。

●去年のハロウィン、過去ログに写真を添付したので見てみて下さいね。気合入ってますよ。
http://unimogroove.blog4.fc2.com/blog-entry-196.html
●去年11月までの過去ログは以前のブログから移植してジャケ情報や写真を足してます。ご参考に。

●今週のDVD。

野本かりあ「READYMADE SCREENTESTS」

野本かりあ「READYMADE SCREEN TESTS」2007年
小西康陽氏が最近入れ込んでる女の子・野本かりあ、通称 KARLYウォーホルの初期映画みたいな撮りっ放しのインタビューと、3曲のプロモ。ピチカートファイブの名曲カバー「東京は夜の七時」は、なぜかコドモ心を掴みノマドヒヨコがダンスする。オマケのポストカードセットはオシャレに夢中なヒヨコにあげた。
AI「日本武道館 A.I.」
AI「日本武道館 A.I.」2007年
●本人の実力も間違いないが、外人部隊が半分以上を占めるバンド/ダンサー陣のパワーがスゴくて圧倒的。バンマスの日野賢二さん(ベース)は、日野皓正氏の次男で強烈な個性の持ち主。じゃじゃ馬 AI と猛者集団を束ねるにふさわしい猛獣。一方で、AIちゃんの飾らない笑顔と鹿児島弁丸出しのMCがデカい武道館をスゴくアットホームにしてた。本格派だわ。

DAFT PUNK「INTERSTELLA 5555」

DAFT PUNK「INTERSTELLA 5555」2003年
●フランスのテクノデュオ DAFT PUNK松本零士のコラボレーション・アニメ。DAFT PUNK がアルバム「DISCOVERY」のプロモ制作を、幼い頃から憧れだったアニメの作家へ発注、見事コラボに至った作品。全編セリフなしで DAFT PUNK の音楽だけで突っ走る。しかしキャラは見事な松本零士スタイルで、主人公の異星人バンドは、全員青い肌でデスラー総統を思わせ、ヒロインの女性ベーシストは宇宙一の長マツゲでメーテルそっくり。フランスで日本の「銀河鉄道999」「宇宙戦艦ヤマト」を見てての宿願というのがイイ話じゃないですか!ジャパニメーションの影響力、世代と海を超えてます。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/201-87754da3