国立市の実家で療養しております。
●20歳で一人暮らしを始めてから、実家で一週間を過ごすなんてことは初めて。十数年ぶりのことであります。加えて、いつも実家にいたイモウトが結婚して独立。親子三人だけモードなど、イモウトが生まれて以来ほぼ初めてのシチュエーションでしょう。一体どうなることやら。
●今まで何回か僕の自律神経失調症について両親に説明してきたが、まるで理解しているように見えないので、今回は病気についての本を持ってきて「読んでくれ!」と頼んだ。


専門医が治す!自律神経失調症―ストレスに強い心身をつくる、効果的な療法日常のケア

「専門医が治す!自律神経失調症―ストレスに強い心身をつくる、効果的な療法日常のケア」


●しかし、両親二人ともケロリと意に介さず、完全に自分らのペースで僕に話しかけてくる。長時間しゃべると後でグッタリダメージが出てくるんだって説明したばかりなのに、全くお構いなしだ。ボク「本、読んでくれた?」「ああ、読もうと思ったらウッカリ昼寝しちゃったよ」
●しかも十数年ぶりに3人で一日を過ごして驚いたのは、この夫婦、終始二人でしゃべり続けている。ほぼノンストップだ。普段からこうなのか?!はっきり言ってウルサイ。ウチのコドモのノマドヒヨコよりもウルサイ。コドモはただウルサイだけだが、親はその会話にボクを巻き込んでくるからよりタチが悪い。そのままの感想を本人達にも言ってやった。「あんたがた、ウルサイです!あまりボクにしゃべらせないでチョウダイ!」 しかし母「病気でもねナンデモね、楽しく過ごすのが一番なのよ!」 あげくは、「言うほどたいしたことないじゃない。普通じゃないの。」そこまでキッパリ言われるとコッチが呑まれる。

●十数年ぶりに間近に見るこの両親夫婦の生態は衝撃だ。実家が近いくせに普段は没交渉なので(多分ワイフの方がボクの両親とよく話しているだろう)、情報が何もなかったからかなりビックリした。ボクが朝風呂から上がったら、いきなりリビングで二人して「ビリーズ・ブート・キャンプ」真剣にやってるし。「ビリー」マジでやってる人、肉眼で初めて見た。
●そして趣味の社交ダンス(映画「シャル・ウイ・ダンス?」でハマッたのだ)のレッスンに出て行く。しかも昼の個人レッスンと夜の全体レッスンの二回だ。週末は午前中を入れて三回レッスンすることもしばしばだと言う。でその三回のレッスンは場所が全部違ってて、その都度家とスタジオを往復する。そこまでムキになって燃えてるの?
●で深夜は韓流ドラマが楽しみ。父が「今日は最終回だ」と息巻いている。……もう一緒に生活してた頃なんてよく覚えてないけど、こんな人たちだったっけ、ウチの両親は。不思議な感覚だ。ちなみに二人とも来年還暦ですよ。

●しかし母の言うとおり、確かに今日のコンディションは良好だ。環境の変化がいい向きに結果したか。「自律訓練法」も役に立ってるような気がする。夜寝るときに「訓練法」の練習しようかな、と思ったらそのまま朝まで爆睡。朝になってもう一度練習したらそのまま11時まで爆睡。休職生活に入ってからの睡眠時間最長記録だ。この一週間が回復のいいキッカケになってくれるとうれしい。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/204-10c3b520