2006.08.15 2006/08/15 (TUE)
 
最近一緒に仕事させてもらってる元一流アスリートのTさんと、なぜかヒップホップトークで激盛り上がってしまった。
●Tさんは80年代ヒップホップを愛するオールドスクーラーで、ブレイクダンスにハマった分だけ本業の練習に精を出しておけば金メダルだって獲れたはずという人物だ。でそんなトークに妙にDJ神経を刺激された結果、仕事を早じまいしてタワーレコードに駆け込んでしまうこととなった。ああDJしたい。

●たまたま朝聴いてた CUT CHEMIST の新譜「THE AUDIENCE'S LISTENING」が素晴らしく良かったせいもある。数万枚のヴァイナルの中から選り出した珠玉のビートを一音一音緻密に組み上げた漆黒のグルーヴ。キックの一打、スネアの一打が恐ろしくファットで聴き流せない。ああヒップホップを好きでよかった…。

CUT CHEMIST「THE AUDIENCES LISTENING」

息子ノマド4歳、たたかいゴッコがだんだん侮れなくなってきた。変な攻撃の受け方をするとマジで痛い。渾身の力を込めて顔面を狙って来る。フルパワーで手加減なし、危険。
●で、ノマドがこの夏編み出した必殺技「おでこぱんち」がより危険。ジダンばりの頭突き攻撃しかも連打。全体重を乗せてくる頭突きは、ヤツの身体能力の中で一番の攻撃力を持つであろう。これを同年代のキッズに試したら、チビのノマドでも絶対相手を泣かせられる。「ノマド、この技は絶対お友達には使っちゃいけない。とってもイタイから。でも悪い子にだけは使っていいよ。」男子たるものキバの一本でも持っておくものだ。でも、やっぱ首を痛めたらコワいからやめさせるか。
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/308-39879e93