2006.02.11 2006/02/11 (SAT)
 
●クタクタで何もできない。美容院の予約もすっぽかしてしまう。

●で、ゴロゴロDVDを見てる。一青窈「夢街バンスキング はいらんせ」京都祇園甲部歌舞練場という風雅な場所で演ってる。押尾コータロー「ドラマティック・ライヴ」。超絶テクニックギタリスト。アコギ一本でここまでやれるんだ感心。たった一人のライブだけど一人で演ってるように聴こえません。

一青窈「夢街バンスキング はいらんせ」

ジョニー・デップ主演、ティム・バートン監督「チャーリーとチョコレート工場」を家族4人で観る。ムカつく子供がひどい目に遭う場面で、息子ノマドがびくびくおびえてる。「やめて!あのこをたすけて!」

「チャーリーとチョコレート工場」jpg

●今日のBGM。FRANK POPP ENSEMBLE「TOUCH AND GO」(05)。モッズ大好き7人組のドイツのバンド。GROOVE ARMADA「LOVE BOX」(02)。2人組のプロデューサーユニット。クラブミュージックと見せかけてややロック風味のアダルト音楽。JAMIE LIDELL「MULTIPLY」(05)。テクノの名門 WARP からのリリースなのに、イメージを裏切るバタ臭い大熱唱でびっくり。構造だけは60年代R&Bだが音色はヘンテコリン。誤解誤読のソウルミュージック。STEVEN SEAGAL「SOUNGS FROM THE CRYSTAL CAVE」(04)。いわゆるあのスティーブン・セガールですよ。「沈黙の戦艦」とかの空手アクション俳優。ギターやるんですって。でも聴いたら意外と楽しかった。ブルース、レゲエから、オリエンタルな曲まで多彩。PHIL COLLINS「BOTH SIDES」(93)「DANCE INTO THE LIGHT」(96)。90年代のソロ作2枚。尾崎豊「街路樹」(88)。ボクは全然オザキ通ってません。従ってコレ聴いても全くピンとこない。近藤真彦「マッチベスト」(80-06)。芸歴25年。富田ラボ「SHIPLAUNCHING」(06)。80年代のシティポップを想起。ストリングスが豪華。AKINO「START WEAVING」(05)。この前の AUTHENTICA NIGHT で聴いたバンドのミニアルバム。
 
FRANK POPP ENSEMBLE「TOUCH AND GO」 FRANK POPP ENSEMBLE「TOUCH AND GO」

JAMIE LIDELL「MULTIPLY」 JAMIE LIDELL「MULTIPLY」

 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/320-856d8169