この前の日曜日に、ボクの祖母が上京してきた。
●ボクの祖母(ノマドヒヨコのヒイババ)は栃木県の田舎に住んでる。無人駅ばっかりのローカル線が最後に突き当たる終点の町だ。オモシロい名前で、ツギさんという。次女だからツギ。スゴいでしょ。ちなみに長女はハツエさんで三女はミツエさんだ。全部で8人兄妹のはずだが、その全容はボクには把握しきれない。

●そのツギおばあちゃんが上京してくるという。親戚の法事で静岡まで行くので、帰り道に東京で会おうと言うハナシになったのだ。ツギおばあちゃんの三人の息子、つまりボクの父&2人の叔父が集まることになった。ボクの父3兄弟は実に親孝行で、ツギさんが何かするとなると甲斐甲斐しく世話をする。80歳を越えるツギさんは実に元気で好奇心旺盛、ボクの父は数回アメリカ旅行にツギさんを連れて行ってる。

ひいばば
 
ツギさんには最近の東京駅周辺の変貌が珍しく見えるのではと思い、ボクは丸の内OAZOのレストランを予約した。ボクのワイフとコドモ2人、ボクの両親、2人の叔父、そして20年ぶりくらいで顔を会わせる従姉妹まで集合した。ツギおばあちゃんは、法事でも大勢の親戚に会い、東京でも大勢の子供/孫/ひ孫に会えてとてもウレシそうだった。でもおばあちゃんの舌にはフレンチは合わなかったかな?

●コドモたちにはツギおばあちゃんにキチンと自己紹介するように言っておいた。ノマドは「おばあちゃんはノマドのことしってるよ」とか言ってきた。「違う、ノマド。ノマドがちゃんとご挨拶できるようなオニイさんになった事をツギおばあちゃんに見せるのが大事なのです」ヒヨコは素直に了解し、初めて会う叔父や従姉妹の前でも堂々と「ヒヨコです!5さいです!」と自己紹介してみせた。

●ノマドは、食後の談笑タイムにノートを持ち出し、いきなりフリーハンドで世界地図を描き始めた。これがなかなかどうして、リアルに書けてしまっていてツギさんと叔父たちをビビらせていた。ノマド「ここがカザフスタンで、ここがトルコ。ちがうよ、ここはメキシコじゃなくてホンジュラス」世界地図をフリーハンドで書くって結構手こずりますよ。少なくともウチのワイフには不可能。

●さらに、ヤツはジャケットのポケットにポケッタブル将棋を忍ばせていてジジ(つまりボクの父)に挑戦した。ノマドはここ数日で完全に「穴熊囲い」を会得した。これをジジに見せたかったらしい。ま、その後はコテンパンだけど。父3兄弟は、幼い頃他に娯楽がなかったのか、全員将棋が好きでかなり強い。

ノマドショウギ

20年ぶりに再会した従姉妹は、立派なキャリアウーマンになってた。
●ボクより8つ若い彼女に最後に会ったのは、彼女自身が小学生の頃だったと思う。それがもう26歳のキレイな女性になっておりました。アクセサリー関係のデザイナー職に携わっているという。その妹は22歳のこれまたカワイい女の子。4月からIT系広告代理店に就職する事になってる。没交渉になった時、彼女はまだ2~3歳だったが、去年就職活動の相談でボクの元を訪ねてきてくれた。正直ビックリするほどカワイい娘に成長してた。ボクの職場の若いスタッフが「unimogrooveさん、あの娘すっごいカワイいじゃないですか」と聞いてきたくらいだ。

●ヒヨコは、デザイナー仕事をしてる従姉妹のコトをわかってるのかどうか不明だが、お絵描きノートを出して自分が日頃描きためているカワイイ服やアクセサリーのデザイン画を見せていた。下のイメージはキグルミデザイン集。ヒヨコの中で、キグルミがこの冬最新のファッションらしい。確かに暖かかろう。「おおきくなったらモデルさんになるの」これがヒヨコの夢だ。このお姉さんたちみたいに、夢を実現できるとイイね。

ひよこふぁっしょん



一方、ワイフの祖父祖母も埼玉県で健在。
●こちらもノマドヒヨコひ孫の顔を見せようと、飯能の宿泊施設で一泊旅行が企画されていたが、諸般の事情により中途半端になり、ヒイジジヒイババには会えず仕舞いになってしまった。そこで、ヒヨコはヒイジジヒイババに手紙を書く事にした。

ひよこのてがみ
 
「おばあちゃんとおじいちゃんへ おとしだまありがとう ひよこより 5さいになったよ」瞳の中に光る白い玉を描く手法は、今月会得した技術だ。ノマドとヒヨコの間にある生き物の顔は、ヒヨコの超お気に入りのヌイグルミ「ベリーちゃん」だ。 ちなみに、下が本物のベリーちゃん。もちろん命名はヒヨコ。

ベリーちゃん


名前と言えば、ノマドヒヨコが自分たちの従姉妹の名前を考えている。
●ボクのイモウトは現在妊娠中。4月に第一子を生む予定。どうやら女の子らしいが、画数などなど研究しててよい名前を思案中らしい。この赤ちゃんはノマドヒヨコの最初の従姉妹になるわけで、連中なりにカワイイ名前を目一杯考えて、そのアイディアをファックスすることにした。

●直筆で掲載しても常人には読解不明なので、ボクが読み取ってそのアイディアを列挙してみます。
●ヒヨコ案。「きりんちゃん・すずめちゃん・ろーずちゃん・まりもちゃん・らっこちゃん・きんぎょちゃん・きなこちゃん・はあとちゃん・ののちゃん・ここちゃん・なっつちゃん」ボク個人では、結構イケテるんじゃないの?とか思う。21世紀の子供だしね。ヒヨコって名前も最初は衝撃的に受け止められたがもうみんな慣れたからな。

●ノマド案。これはちょっとヒップ過ぎる。22世紀の名前だね。「のまどからのなまえ はきな・ねきな・こねこ・ねこ・大ねこ・犬・しまうま・うま・ぴっくり・ぴくり・わん・あじさい・くろーば・とまと・きゅきゅ・りんご・きんぎょ・ちゅみん・ずーみん・さたーぼ・べりべり・かんちゃららん・きおこ・みらこ・ひよこぴ・わかな・大くま・にんこ・ろろ・ろん・はくら・らら・どきどき・こぐま・きんきん・いわみ・大山 ここまで」女の子だっつーのに「犬」はねえだろ。


最後に、ノマドの最新ドローイング作品。
●どこかから無地のウチワを見つけてきて、蛍光マジックで裏表に描き殴った。赤と緑、二体のドラゴンを描いてる。ダイナミックでエネルギーの迸りに勢いがある。やるねえ、ノマド。画材がウチワってトコも粋だ。

RIMG0675.jpg
 
表面。赤のドラゴン。大きな牙が並ぶ口から火を噴き、燃える身体が周囲の空気を焼き尽くす。2本の太い足が大股で大地を踏みしめる。太い尾を振り回してその先端から電撃が発射される。

RIMG0672.jpg

裏面。緑のドラゴン。全身に鋭いトゲを持ち、大きな口から炎を吐く。刀のように尖った尾からは電が火花を散らしている。鎧のようなウロコに覆われた大きな体躯を蛇のようにうねり、空高く飛んでいく。
●ボクは思わず「ノマド、これ、モササウルスか?」モササウルスは恐竜時代に生きていた水棲の大型爬虫類だ。図鑑で見せてやったら「おおお!ホントだ!にてる!」ノマドは感動してた。でも図鑑を手本にせず想像だけでココまでの表現力に到達できているということのほうがスゴい。

モササウルス
(モササウルス。全長10メートル以上にもなる大型爬虫類。)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/350-b765d0de