CXノイタミナ「墓場鬼太郎」
フジテレビは、日曜の朝9時に「ゲゲゲの鬼太郎」をアニメで放送してる。もちろん21世紀の現代版としてキャラデザインからストーリーまで今の子供向けにアレンジされてて、ウチのノマドヒヨコも大好きな番組だ。ねこ娘はファッションセンスも今風のショートカットのカワイ子ちゃんで、ヌリカベは奥さんも子供もいて、その小ヌリカベが結構カワイい。
●しかし、その一方で、同じフジテレビの木曜深夜アニメ枠「ノイタミナ」(過去に「働きマン」「もやしもん」とかを取り上げた実験枠)で「墓場鬼太郎」という番組をやってるのだ。キャッチフレーズは「これが、大人の鬼太郎」水木しげるさんの原作タッチを出来るだけ忠実に踏襲し、舞台を昭和30年代に設定、どこかドロリとした印象を作ってる。朝と夜でダブル「鬼太郎」かよ!フジはオモロい事するねえ。

墓場鬼太郎 第一集 (初回限定生産版)「墓場鬼太郎 第一集 (初回限定生産版)」

●でコレを録画してコドモに見せたらバカ受け。ねずみ男とか目玉のオヤジは設定変えようないしね、あんま違和感ないらしい。しかもオープニングテーマの電気グルーヴ「モノノケダンス」に最高にヤラレタ。二人でテレビの前で踊ってる。こいつらなまじバレエ習ってるから、楽しくなればフリースタイルで踊る事に何の抵抗もない。電気もヘンな仕事受けるね~。

電気グルーヴ「モノノケダンス」 電気グルーヴ「モノノケダンス」


暖かい午後、ノマドヒヨコと散歩に出かける。
●4月から地元の小学校に入学する長男ノマド6歳を連れて、学校指定の体操服、上履き、赤白帽子、防災ズキンを買いに出かけた。と言っても、小学校の目の前にある郵便局の隣のお店までの行程。リハビリ散歩にはちょうどイイ移動である。
●クリーニング屋の二階にある呉服屋さんに到着。ノマドはメモに書いてある文言をオジさんに伝える。「うわばき、18せんち、たいいくぎ、120せんち、あかしろぼうし、ぼうさいずきんを、ください」なんだそのカタコト日本語は。ノマドはシャイで知らない人には目を見てオハナシができません。買い物終了後「ノマド、ちゃんとオジさんのカオ見てお話しろよ」ノマド「…オジさんかオバさんかもワカンナかった」ヘタレだね~。

「ピーポくん」を探せ。
●お店までの道程は、ノマドの新たな通学路になるワケで、今回の散歩では、今一度道の正しい歩き方、クルマ通りの多い交差点、緊急時に駆け込めるお店やおウチを、事細かにチェックして歩いてみた。
●ボク「ノマドヒヨコ、ピーポくん知ってるだろ」ノマド「うん、コウバンにあるおにんぎょうでしょ」ソレが貼ってあるお家やお店は、子供が怖い目に遭ったら助けてくれる場所だ。学校とウチの間に何個ピーポくんの場所があるか数えてみろ。そしたら連中燃えた。「あー、ピーポくんココにあった~」「フトン屋さんもピーポくんだよ!」「お肉屋さんもー!」ボクにも意外であったが、大人の足で5分程度の距離に15カ所以上もピーポくんマークは存在した。立派なコミュニティだわ。小さいながらも商店街は大切だね。ノマドはその1つ1つをボクの携帯カメラで撮影しご満悦。

ピーポくん探し

●そのまま下北沢駅方面まで降りて行って、踏切脇の交番を訪れ、ホンモノのピーポくんにも面会する事ができた。おまわりさん「ピーポくん?ちょっと待ってね、うわスゴく汚れてるな~」標語ポスターの束の中に埋まっていたピーポくんを、わざわざデスクの上に出してくれた。ノマド、ホンモノピーポくんも撮影。

ピーポくん

●ホントにキタナい所が笑える。愛されてねえ~。
 

そんでそのまま、家族四人でカラオケに行ってみた。
●ちなみに、ボクとワイフはカラオケが大嫌いである。ボク自身はココ2年ほどは100%行ったコトがないんじゃないかと思う。理由は明白である。二人とも深刻にウタが下手だからだ。マジで自発的にカラオケ行くなんて過去遡って記憶にない。
●でも「おウタがウタえて、ゴハンもたべられるおミセにいきた~い」とヒヨコが主張するようになった。幼稚園ママ同士の付き合いで昼カラオケに行って味を占めたらしい。子供連れの主婦としては、周囲に気兼ねなく子供を暴れさせても平気な密閉空間カラオケボックスは、社交場として高機能なのだ。ウタなんて歌わなくても、ジュースやスナックと防音設備がうれしいのだ。

カラオケ

●ヒヨコのカラオケパフォーマンスが見てみたいということで、一時間だけ入ってみた。モニターのテロップ絶対読めないはずなのに、ヒヨコは持ち前の天然力で、高テンションで去年のビッグアンセム「おしりかじり虫」を絶唱した。トトロの挿入歌「さんぽ」(歩こう歩こうワタシはゲンキ~)も、2番知らないので、暗記してる1番の歌詞を強引リピート、「プリキュア5」の主題歌もノリノリ。
●ノマドは必殺チューン「残酷な天使のテーゼ」をシャウト。「エヴァ」見せてないのに主題歌だけ知ってる。そして「ヤッターマン」「ゲゲゲの鬼太郎(泉谷しげるバージョン)」をヒヨコとともにシンガロング。おお、ことのほか楽しいではないか。
●そんでボクも一曲だけ拙いノドを披露したのであった。奥田民生「息子」「コレ、ノマドの歌な。大人になったらもうちょっとわかるようになるぞ」

奥田民生「息子」奥田民生「息子」
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/396-d8bdfcd0