親知らずを抜いた。
●ボクの親知らずは4本健在であった。ところが、出勤訓練で会社に通ってた(今年3月~4月)頃、ヒマつぶしで受けた歯科検診で、その4本がもれなく虫歯になってることが判明した。アタマも神経もオカシくなったボクは、歯までオカシくなったらしい。
●しょうがねえし、ヒマも十分あるので全部直すか!とい思い、スケジュールもキチンと作ってたのに、5月梅雨入りでぜんそく発作を起こし、自律神経失調症も悪くなり通勤訓練はストップ。そのままダラダラと放っといてしまった。

で、最近、アイスを食べると奥歯がキーンと痛むようになってきた。
●こりゃ困った。虫歯を放っといたらホントに歯が痛くなってきた。つーことで、先週会社診療所に出向いた時、ついでに歯科の予約を取ってきたのだった。ウチの会社便利だ。歯医者まであるんだもんね、おまけにタダだもんね。で、今回は2本を二回に分けて抜こうというハナシになり、早速1本目が抜けた。

この親知らずが、スゴくかわい気がなくて、笑える。

P1000643.jpg

●ノマドの乳歯がポロポロ抜けてる昨今、ヤツの「自分の乳歯」コレクションと、ボクの親知らずを比較してみた。わ~、キタナいー!もう放つフォースの色まで違う。ノマドの歯がハンソロ船長のファルコン号なら、ボクの歯はダーズベイダーのデススターだわ。ノマドのハがホワイトベースなら、ボクの歯はドズル中将の宇宙要塞ソロモンだわ。ヒヨコ「ノマドのハは、あかちゃんだけど、パパのハは、オジイさんのハだね!」ヒヨコ、「オジイさん」ってのは言い過ぎじゃないかな…、ジジ(ぼくの父)の歯は、歯槽膿漏と歯周病で勝手にポロポロ抜けてるんだよ。それよりはマシよ~。



「ビッグコミックスピリッツ」が気合い入っている。
●去年(今年?)あたりから、講談社「ヤングマガジン」に大きく部数を開けられているっっぽいマンガ誌、小学館「ビッグコミックスピリッツ」が気合いのモデルチェンジを図ってきた。

P1000638.jpg

見て下さい、この豪華付録。昨今ファッション誌の付録攻撃は各誌シノギを削る常套手段になってますが、マンガ週刊誌でこのテの付録は珍しいね~。しかも内容がナニか?っていうと、「環境に配慮して」という意味不明のフレーズを理由に盛り込んで休刊した小学館「ヤングサンデー」の人気連載を、「スピリッツ」に移植するために、今までのエピソードのおさらい本がついてきたのだ。
●移植されてきたのが、ドラマ化もされたピカレスクハードボイルド、詐欺師の世界を描いた「クロサギ」(黒丸/夏原武)、書道部というニッチな舞台にフォーカスを当てた文化系女子高生萌え青春コメディ「とめはねっ!」(河合克敏)、異星人の女戦士とカラダを共有する事になっちゃったフツウの男子高校生が宇宙を巡る陰謀に立ち向かうSFアクション「鉄腕バーディ」(ゆうきまさみ!)。さらには、コレ絶対映画化されると予測的中の「イキガミ」(間瀬元朗)、ヤグザ社会への潜入捜査を命じられた警察官の生々しい極道渡世「土竜の唄」(高橋のぼる)が投入された。やー、気合い入ってますわ。「ヤングサンデー」と「スピリッツ」を合体させての「ヤンマガ」総攻撃って訳だもんね。

●新連載もたくさんブチ込んでる。イデオロギー主張が暑苦しいエコ推進マンガ、「ココナッツピリオド - 地球温暖化を止めるウサギ」(山田玲司)とか、エロマンガ界から突然襲来してイキナリビッグネームになった朔ユキ蔵の、やはりジワリとくるスローエロ新作「セルフ」「オメガトライブ」のSFアクションからベクトル変更面舵180度のホームコメディ「かもめ☆チャンス」(玉井雪雄)。ここで最注目は、三島衛里子「高校球児ザワさん」野球部員として男子に混じって練習に汗する女の子、ザワさんの、なんてことのなーい日常をそっけなーく短く描くだけの連載。でも、寡黙でまだ全てが不明なザワさんの生態に、決して沸点には至らない低テンションの萌えが発生、どうしても目が離せなくなってる。

●でも最高に注目なのは、ここ数年例を見ないほどカオティックなグルーヴと禍々しい磁場を放つ、笑ってイイのかも解らない怪作、長尾謙一郎「ギャラクシー銀座」。もう最高にヤバい。まさにマンガ界の APHEX TWIN。この連載をヤメればどれだけ紙資源のムダ節減になるだろうと思いながら、このアバンギャルドの行き先を銀河の果てまで一緒に観に行きたいと思わせる闇の深さ業の深さ。チェックしてない人、単行本を即座に読んで下さい。緊急です。

ギャラクシー銀座 1 (1) (ビッグコミックススペシャル)ギャラクシー銀座 1 (1) (ビッグコミックススペシャル)
(2008/03)
長尾 謙一郎

商品詳細を見る

ギャラクシー銀座 2 (2) (ビッグコミックススペシャル)ギャラクシー銀座 2 (2) (ビッグコミックススペシャル)
(2008/07)
長尾 謙一郎

商品詳細を見る

●収入が激減しても、「スピリッツ」「ヤンマガ」「モーニング」だけは毎週欠かさず買い続けるボクはアホかもしれないけど、読売新聞を毎日読むより世間のリアルがわかるような気がするぜ。でも微妙にマンガ週刊誌も近年値上げ傾向なのがムカつく。ガソリンよりもバターよりも牛丼よりも、マンガの値上げが一番ピンチ。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/509-ca4da9fc