自律神経失調症とのお付合い(その82)~「さらば、癒しの小部屋」編
●年明けも平和に「癒しの小部屋」で暮らしているボクでした。本社ビル31階にある人事局のフロアにある、ちいさな打合せスペースだ。10月から3ヶ月ココで通勤訓練をして、随分居心地もよくなってしまってしまってた。ああ、ココって役員のがイッパイいるフロアだから、暖房も高め設定で、ヌクいんだよな~。


ほんで、一昨日、朝イチで、人事部長に呼び止められた。
「あのさ、オマエ、来週から29階だから」…へ?はあ。
その20分後に今度は労務部長が。
「えー、来週から29階ってのは、診療所から聞いてるだろ」…はあ、聞いてません…。でも、あの、つまり、それってリハビリのステップを次に進めるという事ですか?

「29階」とはボクの所属部署のあるフロアだ。激務時代のボクは6階分室のスタッフルームだけに入り浸っていて、局長始め幹部がウジャウジャいる「29階」にはほとんど近寄らなかった。実はボク用のデスクがあったらしいけど、一度も利用した事がないし、ドコにあるかも知らない。
●しかし、次のステップであり、復職までの最終段階である「オーダーメイド・リハビリ」は「29階」にて、連休明けから行われることになったのだ。おおおお!キタよ!どーん!ヤマが動きました!
「なんだ、聞いてなかったのか」労務部長。診療所の「のび太くんのママ」さんとは別件で朝結構話したんですけど、その話題は出なかったです…。ああ、今日の夕方、診療所でカウンセリングがあるから、そこで詳しい事が出るのかな…。部長「とにかく、そういうことで。明日、29階の連中にアイサツと今後の打合せをするってハナシだ。よかったな」…あ、ありがとうございます。



で、夕方のカウンセリング。
●診療所のカウンセラーは、ボクが週一で通ってる横浜の精神病院の院長先生だ。「最近はどう?」…アレコレアレコレ説明して、そんで最後に「今朝、人事部長と労務部長から、来週から29階でリハビリだって言われたんですけど」
●そう言った瞬間、センセイは、ズッコケジェスチャー。「あれ、もう知ってるの?あー順序が違うんだよ、もう…」あれ、ボク、ヤバい事言いました?「まあ、キミのせいではないけど……今日の面談で、私が次のステップへ進めると判断したら、正式に動き始める段取りだったんだ。まあ、イイや。大丈夫でしょう!婦長「のび太くんのママ」を呼んで具体的な相談をしよう」

このセンセイが年末に息巻いていた、ボク用の「オーダーメイド・リハビリ」がやっと具体的に動き出す。

●ボクのケースは、通常の患者さんのケースと違い、体力など基礎的な身体能力の回復が遅れているが、業務遂行に必要な事務処理能力や集中力、ある程度の自己管理能力は回復しているとされてる。よって、本来ならポピュラーな業務遂行能力を高めるための単純作業を通して、復職訓練を積み重ねる必要はないらしい。むしろより実戦に近いポジションで復職訓練をしつつ、体力面を注意深くケアする方がイイという。つまり普通の人の復職過程と逆のカタチをしているらしい。

●例えばルームメイトくんは、体力面/健康面でボクのような問題は全然抱えてない(病気発症から今日に至るまで)。ボクみたいにカラダ中が痛いとか肩が懲り過ぎるとか睡眠がメチャクチャだとかヘタするとぜんそく発作を起こすとかはナイ。一方でヤバい病気そのものは多分ボクの症状を上回ってるが、リハビリの結果、既に彼はそれを克服している。多分これが通常パターンで、本来の職場復帰の手前として、単純作業のみを扱うセクションで最終段階のリハビリを行っている。先日31階に久しぶりに顔を出してくれたルームメイトくんは「いやあ、マジで仕事がナイっす。元から仕事がない部署なんですね。ヒマでヒマで」とぼやいていた。彼の本来の部署は、会社の中核事業の中長期戦略計画を練るエリートセクションなので、仕事の質が物足りな過ぎるようだ。

●のび太くんのママを入れて、センセイとボクは、この「オーダーメイド・リハビリ」の意図をもう一度確認し、現行1000~1700まで伸びていた会社滞在時間を一旦1000~1500に縮めて様子を見ることとした。で二週間ごとに滞在時間を見直し、最終的にフルタイムで勤務が出来るようになったら復職となる。
ボクの新しい身元引受人になるのは、本来の所属セクションの上司だ。リハビリの意図は伝えてあるが、それを受けて実際にどのようなメニューを組立てているかは、センセイ「のび太くんのママ」もマダ知らない。だから、「オーダーメイド」と言いながら、ボクはこの段階で全然リハビリがどうオーダーメイドなのかはさっぱりワカラン。翌日、ボクの所属部署の人たちと会わないとナニもイメージできない。



昨日、昼12時。「29階」に降りて、今後の打合せをする。
●看護師「のび太くんのママ」に引率されて訪れた「29階」は、ボクのいない間にレイアウトが大改造されてて、元から馴染みが薄いのにより一層ワケのワカラン雰囲気になってた。休職してほぼちょうど1年半。完全にウラシマタロウ状態。机のレイアウトだけじゃない。度重なる人事異動で顔ぶれもかなり変わってた。
●それでも、直属の女性上司N女史は、全然変わらない表情でボクを迎えてくれた。「unimoちゃ~ん、やっと来たわね~。よかったわ~」N女史は、ボクのココロが壊れ始めているのを、ボク自身よりも先に察知したほど観察眼に優れた知的な女性だ。だから休職以前半年にわたって周囲に隠していた健康問題も、ボクは彼女にだけはキチンと報告・相談していた。
●ボクが休んでいる間にいつのまにか昇進してるし、その仕事面の辣腕ぶりは増々際立ってる一方、女性としての身だしなみも常に完璧(&投資額もハンパじゃない)にしてるのは以前と全く変わらず(ちなみに学生時代は読者モデル経験までアリ)。つまり最強のアラフォー。彼女から見れば、ボクはオタクで変わり者の弟のような存在らしい。変人スタッフがチームに加わるとスグに「あのコはきっと、unimoちゃんと気が合うわ」という。最近配属された新入社員にもそういうコがいるらしい。「今度紹介するから。きっと気が合うわ」早速また言われた。

局長も合流して打合せ。
ウチの局長も女性で、社内でスゴい政治力を持つスーパーウーマン。実はボクが新入社員の頃、現在のN女史のポジションを勤めていたのが局長。だから、つかず離れずで、なにげに12年以上の腐れ縁でもある。「お久しぶりね」はい、おかげさまで大分ニンゲンっぽくなってきました。あ、今フツウに言っちゃったけど、上司一同微妙ヒイテる。「……もうお子さんも大きくなったでしょ」はい、休職してる間に息子が小学生になり、春には下の娘も入学式です。「一番カワイい時期に一緒にいられたね」確かに仕事ばっかのボクは父親として機能してなかったので、休職した事で滑り込みセーフしたトコですね。「ま、あわてずに、スロースタートでね」はい。
N女史から指示された実際の業務メニューは、イロイロ細々あるのだが、基本的に完全に元の仕事の延長にあるモノだからそんなに抵抗はない。差し当たり、PC/モバイル系コンテンツの発展的見直し案を考えつつ、日々の業績をマーケティングっぽく分析してくれるとウレシいと言われた。抵抗はないけど、ワリと高度なタスクかも…。
●昔はマーケ分析の資料作りでいつも終電まで残業してたっけ。データを深読みするのって、統計的な発想とはカンケイない「勘」「コツ」が必要なんだよね~。コッチも客も人間だからね、消費行動にはリアルな生活感覚に則した動機付けがある。そこを読むのは「勘」。しかしそのボクの「勘」は大幅に鈍ってるような気がする。まあ仕事の感覚を思い出すイントロダクションとしてはイイ訓練だろう。
●一方モバイル系コンテンツはボクが立ち上げたようなモンだし、後輩がキチンと整備してるからラクチンなはずだ。どちらの仕事も期限は設定しないしノルマもないとのこと。あくまでリハビリなので。さらに現場スタッフと会ったり使ったりしてもイイし、立ち入りを禁じられていた6階スタッフルームへの出入りも解禁された。あくまで軸足は「29階」で、という前提で。ふう、やっと自分のデスクに帰る事が出来る。



さて、31階の、このお部屋ともお別れだ。

P2000748.jpg

最後なので念入りに掃除をした。毎朝手伝ってた新聞の労務カンケイ記事のスクラップ作りに使ってた文房具たちを全部片づけ、「癒しの小部屋」の張り紙も捨てた。カレンダーも去年のモノなので丸ごと捨てた。フロアのスミッコで拾ったクマさんだけは、「29階」に連れて行こう。


人事局の皆さんにお礼のアイサツ。
「10月からココにお邪魔してリハビリをさせて頂いてきましたが、来週からリハビリの場所を29階にことになりました。短い間ではありましたが、こんなヒョロイ病人の面倒を見て下さりありがとうございます」労務部長他、フロアの皆さんにご挨拶。
「あのー、実はボクは入社して十数年、現場しか知らずに来たので、『リハビリを人事局で』って言われた時は、ぶっちゃけそんなコワそうなトコロでリハビリなんて無理!と思ってたんです。でも実際にココに来たら優しい人たちばかりで…。ホントにありがたい気持ちでイッパイです」おう、ココに異動希望ならいつでも待ってるぞ!と副部長が言う。最後は皆さんの拍手で送り出してもらった。なんかこういうのってイイね。


●以前の「自律神経失調症とのお付合い」シリーズは下記の記事にまとめております。ご参考に。
 http://unimogroove.blog4.fc2.com/blog-entry-557.html

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/562-714d50f2