P4064327.jpg

サクラ満開。「ピヨッピー!」と叫んでた娘ヒヨコが入学式を迎えました。
●週末は完全にダウンしていたヒヨコもボクも、なんとか風邪から立ち直り、なんとか入学式に出席ができました。あらららら~。豆大福のようにモヨモヨの丸顔で、アニメ声で、自分のコト「ピヨはねえ、○○なの!」と言ってしまうストロングスタイルの大天然なのに、コイツが小学校に行ってしまってイイんだろうか。ウサギ語とか言って、語尾になんでも「プ」をつける口癖(「ウサはニンジンがすきなんでプ!」)というような珍妙な習性は、幼稚園のウチになくなるモンだと思ってたら、まるで健在のままこの日を迎えてしまった!ヤバいんじゃないか…?少し不安…。


●で、学校へ出発する瞬間。
おいおいおい!コレは「メイドコスプレ」じゃねえか!

P4064233.jpg(入学式にコスプレなんて聞いたことがない!)

●ヒヨコの衣装がオカしいぞ!どーなってんの!ワイフ「ネットで買ったんだけど……遠くから見れば気にならないでしょ」近くから見れば明白にコスプレだろ!ヒヨコ「ホントは、エプロンもあるんだプ!」ほれ!やっぱ100%メイドコスプレじゃねーか!なんで入学式でメイドさんなんだよ!ビックリだよ!
●ワイフ「ヒヨコ、風邪で寝込んじゃったから試着するチャンスがなかったのよね~一回試着すれば直しも出来たけど」それにしてもアンタ、ボクが卒園式の時ネクタイしなかっただけでスゴい大騒ぎで非難したのに、当の主役においてこのツメの甘さはどういうことよ!

●しかし、イザ教室に入っていったヒヨコ、そのメイドルックがお世話係の6年生や同級生から大好評で「カワイいー!名まえもヒヨコちゃんていうの?カワイいー!」なんとメイドコスプレで、ツカミはオッケーになったのである。ナニが吉と出るのが分からないのが人生……まさにセ・ラ・ヴィ。
●一部上級生は、兄ノマド経由でヒヨコの情報を知ってたらしく「ヒヨコちゃんじゃん!」と迎えてくれた。なんでノマドは5年6年みたいな高学年にカオがキクんだろう?帰り際も「ノマドくんバイバイ」と6年生のお姉さんたちが声をかけていった…。本人に聞くとノマド素で言い放つ。「だってオレかわいいもん。かわいいとなかよくしてくれる」パパはオマエの、無邪気なんだか腹黒いんだかワカランところがちょっと不気味だわ。


入学式も二度目だと安心して見守れる。そして期待のお楽しみもある。
●実は、コドモたちが通うこの小学校の校長先生が、オモシロくって夫婦で大注目なのだ。去年のノマドの入学式では、祝辞アイサツにおいて、「イケコさん」という指人形をハメて超マヌケな腹話術(になりきってない…先生がウラ声で話してるだけ)を披露し、そのギャグともサービスとも言えない一発芸の暴発&ダダスベリに、必死で笑いを噛み殺したのを覚えている。しかも、その後のノマド情報では「こうちょうしつには「イケオくん」がいるらしい」とのこと……我が家ではタダモンじゃないぞこの人は!という評価なのである。

●さて、今年の祝辞アイサツ。ドコに「イケコさん」を隠し持っているのか?さては秘蔵の「イケオくん」の登場か……ワクワクして様子を見てると……祝辞のあるポジションで、先生、小脇の大きな生け花の影からヘンなモノを出してきた!なんだアリャ?
●それはノートPCのようなカタチをしてて、でもナニかの部品が糸でつり下げられているだけで……ナニがナンだが分からない? そしたら、先生、全会場のハテナ?な空気を察して「コレはちょっと小さいね、ミンナにちゃんと見えるように大きいのも作ったからね!」と言って、スタタタと体育館スミまで走り、壁に張った紅白幕をまくり上げる。この段階でワリと異常。あわてて他のセンセイが必死に紅白幕をまくり上げるの手伝ってるんだもん。初めての保護者の方々はポカンとしてるけど、もうボクは笑いを噛み殺すので必死。校長先生、毎年別ネタで勝負すんのかよ!スゲエ!

●そんで、当の校長先生、紅白幕と必死に苦戦して、倉庫から不思議な工作を引っ張り出してきた。ソレがコレ。

P4064261.jpg

●校長先生「みなさーん、見えますかー!この宇宙に今、円盤が飛んでいまーす!この円盤が今から不思議な飛び方をしますから見てて下さいねー!」円盤…!今年のネタは「円盤」だよ!つーか、円盤だけに、文字通りに飛び道具だよ。しかも円盤はご丁寧に豆電球仕込みで光っている……先生、仕事しないでこういう工作ばっかしてんのかな…。いやボスが泰然としているのは組織が有効に機能している証拠、上層部がジタバタしている会社こそ今はヤバいのだ。

●さて、「円盤」。糸でつり下げられてて振り子のように動いているだけ。なのだが、校長先生がハンドパワーのように右手をかざすと、くるりっとヘンな方向にねじれ回転した。「もう一度いきますよ!」くるりっとねじれ回転。「はい!スゴかったでしょ!これで円盤のお話はオシマイ。これから小学校ではこんな楽しいことがイッパイあります。みなさんよろしくね!」えー!オチないじゃん!ボケたおしかよ!スゲエ!スゲエよ先生!1年生当事者は完全ノーリアクション。会場全体には苦笑と戸惑いの空気。ボクは笑い噛み殺しすぎて涙が溢れちゃったよ!

●あとでヒヨコに聞く。パパ遠くで見てたから校長先生が何してたかよく分かんなかったんだけど、あの円盤はどうなってたの?ヒヨコ「んー?センセイがじしゃくでエンバンをうごかしてただけだよ」……ああ、そういうことだったの……先生、ヒヨコごときにトリックを見抜かれるんじゃ、芸の浅さはかなり深刻だよ…。

●でも、その先生の心意気、コドモを預ける立場としてはある意味安心ですよ。シニカルになるのは簡単で、バカでもコドモでも出来る。時代と社会に絶望してカッコがつくと思ってるヤツもいる。でもこれからの地球の未来を支える子供たちには、ユーモアに裏打ちされた希望が大切なのですわ。たとえソレがスベッても、へこたれない根性もね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/607-50108dff