故・忌野清志郎さんへ、甲本ヒロトからの弔辞のコトバ。

キヨシロ~ォウ!
えー、キヨシロー、アナタとの思い出に、ロクなものはございません。
突然呼び出して、知らないウタを歌わせたり、
なんだか吹きにくいキーのハーモニカを吹かせてみたり、
レコーディングの作業中にトンチンカンなアドバイスばっかり連発するもんで、
レコーディングが滞り、その度に我々は、聞こえないフリをするのが必死でした。

えー、でも今思えば、全部冗談だったんだよな。うん。
今日も「キヨシロー、どんなカッコしてた?」って知り合いに聞いたら、
「ステージ衣装のママで寝っ転がってたよ」っていうもんだから、
そうか、じゃオレも革ジャン着ていくか、と思って来たら……なんか…浮いてるし。
……キヨシローのマネをすれば浮くのは当然で…。

でもアナタは、ステージの上はすごく似合ってたよ。
ステージの上の人だったんだな。

一番最近会ったのは、去年の11月。
それは THE WHO の来日公演で…武道館の。
その時アナタは客席の人でした。
ステージの上のキヨシローじゃなくて、客席の人でした。
たくさんの人がアナタにあこがれているように、
アナタはロックンロールに、あこがれていました。ボクもそうです。

それは一観客としての、観客同士の共感を感じ、
とても身近に感じた直後、
アナタはポケットから何かを出されて、
それは業界のコネをフルに生かした戦利品とでもいいましょうか、
PETE TOWNSHENT の使用するギターのピックでした。

ちっともアナタは観客の…観客席の一人じゃなかった。
ボクがあまりにもうらやましそうにしているので、
2枚あったそのうちのひとつをボクにくれました。

…オチがねえや。

PETE TOWNSHENT が使ってたピックです。
これはもう返さなくてイイね。収めます。
ありがとう。一生忘れないよ。短いかもしれないけど、一生忘れない。

そいで、ありがとうを言いに来たんです。
数々の冗談、ありがとう。イマイチ笑えなかったけど。
今日もそうだよ。…ヒドイよ、この冗談は。…うん…なるべく笑うよ。
そんでね、ありがとうを言いに来ました。キヨシローありがとう。

それから後ろ向きになっちゃっているけど、
キヨシローを支えてくれたスタッフの皆さん、
それから、家族の皆さん、親族の皆さん、友人の皆さん。
最高のロックンロールを支えてくれた皆さん。
どうもありがとう。どうもありがとう。

で、あと一つ残るのは、今日もたくさん外で待っている、アナタのファンです。
彼らに、ありがとうは、ボクは言いません。ボクもその一人だからです。
それはアナタが言ってください。 どうもありがとう!ありがとう!


●彼は、黒の革ジャンと、やはり黒の THE WHOのTシャツを着て、所在無さげに少しカラダを揺さぶりながら、祭壇に据えられた遺影に向かって、こんなコトバを吐いた。
ロックの神様に祝福されし無垢なる聖者の冠は、新しい持ち主へ、この瞬間、立派に継承されたのでした。


そんで、ザ・クロマニヨンズを聞いちゃうわけだ。

ザ・クロマニヨンズ「CAVE PARTY」

ザ・クロマニヨンズ「FIRE AGE」

ザ・クロマニヨンズ「CAVE PARTY」2007年
ザ・クロマニヨンズ「FIRE AGE」2008年
●ロックンロールの純度を上げるために、余計なモノを省いて省いて削って削って削ぎ落とし切ったら、ホモサピエンスが築き上げた現代文明の成果が全て流れ去ってしまって、結果残ったモノは一匹の原始人であったのです。ウッキー!
●キレのイイソリッドギターとシンプルなドラムが生み出す速度で、意味が摩滅しきった歌詞を闇雲に熱唱。「シャブナンゾーンナチンケナモン オラオラ メガトンブルース」!「いきなりくる いきなり100 じょじょにじゃない いきなり100」!
●まさしくコレがロックの聖者の御姿。ロックの前にコトバは要らない。ただひたすら信じなさい。さすれば汝に無敵のパワーを授けよう。元気モリモリミラクルパワー!原始宗教の目覚めの瞬間をマーシャルアンプが電圧増幅!純度100%のロックンロールで出来たモノリスが大地に突き刺さる!

●小学一年生の娘ヒヨコが質問。「パパ、この、どろどろどろどろってうたってるウタはなんていうの?」…んあ、曲名は…「どろどろ」「だからどろどろってうたうのか」なんかシッカリ納得してるぞ。純度の高いロックンロールは年齢にカンケイなくアピールするらしい。ロックの聖者は無垢なのです。キヨシローもヒロトも無垢だからこそ、ロックなのです。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/627-2eb9bb74