母の日。ヒヨコ、カーネーションを買う。
●今日は娘ヒヨコと二人でドライブ。自動車税をコンビ二で支払い、切れかけてる車検の手続きをしに、杉並のカーディーラーへ行く。
●見積もりがあがるまで、ディーラーのお店にあった絵本をヒヨコと読んですごす。そしてボクのクルマの担当シノさんという女性と世間話。このシノさんは、無愛想なオヤジスタッフばかりのこのお店の中で、唯一ちゃんとした営業担当で、愛想のイイ陽気なお姉さん。ボクはこの人がいなければこの店でクルマを買わなかったし、修理でも相談でもシノさんが不在なら絶対に行かないことにしている。気付けばもう6年もの付き合いだわ。
●そのあと吉祥寺で買い物。本屋に行って、ヒヨコの大好きな「リサとガスパール」の絵本を買い、母の日のプレゼントとしてカーネーションのお花を2本買う。
●家に帰って、ノマドとヒヨコからママへお花のプレゼント。ヒヨコ「まま、いつもありがと、だいすき!」

ノマドヒヨコの箱根旅行。
●今週の金曜~土曜は、ワイフのおトウさんの還暦をお祝いすべく、箱根一泊旅行へ行った(ボク自身は仕事で不参加、とほほ)。
●レトロ建築がいい味を出してる「富士屋ホテル」に宿泊。ネコ足付きの洋風バスタブにヒヨコが感動。「アシがついてるおフロちゃんがあった。シンデレラのおフロみたいだった。」
●ノマドは箱根に至るまでに乗った様々な乗り物に、ことごとく感動。新型ロマンスカー~箱根登山鉄道~ケーブルカー~ロープウェイ。その感動をそのままに、またまたドローイング作品を仕上げました。

のまど16(はこね)

●下の部分に描かれた列車が新型ロマンスカー。ノマドヒヨコは最後尾の車両の窓の中に描かれています。で、各種チラシからロマンスカーの写真を切り抜いてコラージュを施しました。
●画面右側は、箱根の山と登山鉄道の線路を意味してます。線路は入り組んでてジグザグ。登山鉄道のスイッチバック方式(進行方向を前後入れ替えながらジグザグに斜面を登る方式)の線路を彼なりに絵に落とし込んだものです。その隣に描かれた斜めの長方形はケーブルカー。「ひもでひっぱってさかをのぼるんだよ」とボクに講釈してくれました。
●画面左側に大きく描かれた台形は富士山です。山頂部分は毛が生えたかのようにギザギザです。そしてその上をロープウェイが渡ります。ロープウェイから見た富士山がとても印象深かったと見えます。
●我が家では、楽しい事や旅行に行った後は、その興奮が冷める前に、コドモたちにこうした絵を描かせて思い出を定着させます。ヤツラすぐ全部忘れちゃうんで。

今週のBGM。

HERMAN’S HERMITS「NO MILK TODAY」

HERMAN'S HERMITS「NO MILK TODAY」1963-1971年
●60年代に活躍したイギリスのロックバンドのベスト。イメージとしては、ロックの乱暴な印象をサッパリ漂泊して、「普通の男の子」を演出することで茶の間に浸透したヤワいアイドルバンド、と後年に評価されとります。アイドルちっくな映画も一杯作ってもらってたらしい。レコーディングでは、セッションミュージシャンに依存しまくる状況もあったらしく、後に LED ZEPPELIN を結成する JIMMY PAGE JOHN PAUL JONES も仕事していたといいます。まあ確かに甘口、アレコレいわれてますが、それなりのキラキラしたポップ感覚は好きでござんす。「THERE'S A KIND OF HUSH」とかイイ曲です。

CLARENCE CARTER

CLARENCE CARTER「BETWEEN A ROCK AND A HARD PLACE」1992年。
●60~70年代に活躍した盲目のソウルシンガー、90年代のリリース。義弟KEN5君からもらったCDっす。レーベルは ICHIBAN(一番)というインディレーベルでソウル好きのアイルランド人がアトランタで始めたという代物だ。タイトルは、ストーンズにも同名の曲があるけど全然関係ないっぽい。不倫相手と本妻の間でまいったなという話みたい。

ACE SPECTRUM「INNER SPECTRUM」

ACE SPECTRUM「INNER SPECTRUM」1974年
●ニューヨークのボーカルグループ4人組。この時期流行ってたフィリーソウル風のキラメキが、このグループにも感じられます。美しいファルセットとコーラス、ストリングスアレンジ…。厳密にはフィリーじゃないですけどね。

JOHNNY BRISTOL「BRISTOL’S CREME」

JOHNNY BRISTOL「BRISTOL'S CREME」1976年。
●こちらも甘美なメロウソウル。モータウンの裏方でソングライターやプロデューサーとかしてたヒトみたいです。

NE-YO「BECAUSE OF YOU」

NE-YO「BECAUSE OF YOU」2007年
●瑞々しい声が爽やかなR&Bシンガーの二枚目。シンプルなトラックに、青さを感じさせる高い声が鮮やかで1枚目よりも好印象。なんかバカ売れしてるみたいね。

AVRIL LAVIGNE「THE BEST DAMN THING」

AVRIL LAVIGNE「THE BEST DAMN THING」2007年
●パリパリのブロンド美人さんだけど、SUM 41 のメンバーと結婚してからよりヤンチャ度増量した感じのガールズロック。よほど精神環境が良好なのか、肩ひじハッたツッパリさ加減が陽性に転じてメチャ明るくなったが、美人さん特有の神秘的な翳りが薄まったのがちと残念な気もする。

最近は珍しくテレビドラマをよく見てる。
●ドラマ「バンビーノ」は見ててニヤニヤしちゃう。上下関係の厳しい徒弟制度の雰囲気は、ボクの職場にもそれなりに色濃く残っている。ケチョンケチョンにされるマツジュン見てると、かつての自分を思い出すし、今の部下たちの顔も思い出す。
●ドラマ「セクシーボイス・アンド・ロボ」、ぼちぼち好きで観てるけど…ヒットしないんだろうな、なんかマニアックだから。大後寿々花ちゃん、予想以上に立派にやってると思うんだけどな。松山ケンイチ君のカラマワリぶりはご愛嬌。

チキンラン

●今晩のノマドヒヨコは、CATVのディズニーチャンネル「チキンラン」を見てた。AARDMAN STUDIO「ウォレスとグルミット」など) のカワイいクレイアニメーションなんだけど結構エグイ。ナチスの強制収容所をもじってて仲間のニワトリたちが安易に殺される。で迫る大量虐殺から逃れるというストーリー。案の定、「こわーい!」とヒヨコがギャンギャン泣き出した。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/65-0c990e0d