<2003/10/01>
●壮絶な買い物週間が続きます。今日も無駄金をブチまくダメな日です。新宿ルミネの青山ブックセンターで買い物依存症ぶりを発揮。マンガ大漁。
●まず軽くジャブが、ロックマンガハロルド作石「BECK」全16巻一気買い。もちろん副読本「BECK THE GUIDE BOOK」も当然購入。そして福本伸行「最強伝説黒沢」第2巻。最強から一億光年くらい遠い主人公黒沢(44歳独身)のダメ人間ぷりを、果たして作者はどう巻き返して伝説まで持って行くのか、その段取りがメチャ気になるという理由から今最注目の連載です。次、日本橋ヨヲコ「G戦場ヘブンスドア」。21世紀版まんが道。しかしその道はドス黒い家庭環境とトラウマだらけの暗黒青春イバラ道でした。ヨヲコ作品はいつも耐えきれないくらい青臭くて読んでられないことが多いのだけど、これは平気なのは題材がマンガ家で僕がマンガヘッドだからなのか?あとは山本直樹「堀田」。いつもどおりエロいです。もうひとつ、黒田硫黄「茄子アンダルシアの夏」。どうしようもなくマイナーだったけど大好きだった黒田硫黄、今ではメジャーに大昇格っすね。なんかさみしく思ってしまうのはファンのワガママですね。
●さてマンガはこれまでで次は書籍。またまた BJORK 本。その名も「ビョークが行く」。我が書架のビョークコーナーだんだん厚くなってきました。そして EMINEM のバイオ本「ダークストーリー・オブ・エミネム」「俺のモチベーションは復讐だ!」この帯の一言で買いました。そうだ!復讐だ!復讐だ!もう一冊はプロフェッサー佐藤雅彦「任意の点P」。付属メガネで図形をのぞくと不思議な立体が見える!ってやつ。
●ああDVDも買いました。ロシア映画「エルミタージュ幻想」90分間カメラ1台で長まわし、一回もカット割らないというスゲえ映画。見たい!ニコラス・ケイジ主演の 「スネークアイズ」ってのは冒頭13分長まわしってやつだったよね。でもそれ以外は一ミリも面白くなかった。
●それと余談ですが、昨日買ったケミカルのDVD見て息子ノマドが大興奮、あまりのダンス衝動の高まりでそのままゲーゲー嘔吐。「ヒドイもん子供に見せるな」と奥さん激怒。そして、このバカ買い物の内容と値段を見てもう一回激怒。すいません。

「ビョークが行く」


<2003/10/04>
●今日は、知り合いの結婚式に出た後、渋谷nestであった CRJ SOUND SURFIN' というイベントに遊びに行ったのでした。CRJ というのはイベントとかフリーペーパーとかラジオとかメルマガとか様々な手段で音楽にまつわる色んな活動をしている学生さんの組織でして(実はかく言う私も学生の頃にどっぷり CRJ に入り浸った一人)、ここ最近は一ヶ月に一回のペースで「SOUND SURFIN'」というライブイベントを展開しているのです。僕が見たのは、オーセンティックでチャーミングなダブを聴かせてくれた HAKASE-Sun(ex. FISHMANS)と、強靱なファンクショーを展開したオーサカモノレールオーサカモノレールはオモシロかったね。モノレールっていうか超音速ジェットコースターだね。しかもあの音を束ねて乗りこなすボーカルのお兄さんはモーレツにカッコイイね。ジェットコースター立ち乗りだよね。立ち乗り前傾姿勢だよね。動きもMCも奇妙でよかったよね。そんなかんじで、またイベントあったら遊びにいきますのでよろしくね、かまたくん。あと就職おめでとう。


<2003/10/15>
●久しぶりの日記更新でござんす。最近は忙しくて仕事ばっかりなもんで。そんな中、今日は祖師谷の円谷プロに用があっていきました。そんであの「ウルトラマン」シリーズの監督をなさった方とお話できる機会があったんですね。印象的だったのが、「怪獣にはみんな履歴書がある」という話。怪獣は意味もなく現れて街を壊しているわけじゃない。止むに止まれぬ事情があって街にやってきて、そして退治されてしまうのだということ。その怪獣登場の必然性の設定にいかにコダワリを持てるかに、ストーリーがリアルになるかどうかがかかっている(まあ怪獣って時点で全然リアルじゃないんですけど)。だから、初代マンセブンのストーリーはどこか暗くて物悲しい雰囲気が漂っているわけ。地球を破壊しなくては自分の星が滅びてしまう。そんな理由で攻めてきた宇宙人がセブンに倒される。なんか悲しい。監督さんは、ビンテージのソフビ人形(ペガッサ星人)を握りながら熱く語ってくれました。


<2003/10/24>
●ホントに忙しかった一週間がやっと終わり、昔一緒に仕事をしてた先輩と恵比須でご飯を食べた。この先輩は近年仕事がうまく行っててとっても羽振りがよく、この日は立派な日本料理をごちそうになってしまった。薩摩地鶏の刺身なんてモンを食べたよ。そもそも鳥って刺身で食えるんだ!
●その一方で、この先輩に会う前に、ボクは恵比須の有鱗堂でまたまた無駄遣い。安彦良和「アレキサンドロス」ガンダムのキャラデザインで有名な安彦先生は、読みごたえある歴史マンガをいっぱい書いてます。大和朝廷成立とか、明治自由民権運動とか、ジャンヌダルクやイエスキリストまで扱っております。
●あと、毎月読んでる雑誌「relax」も購入。ブリストルの伝説的クルー、WILD BUNCH 特集とは渋過ぎて舌を巻く。やっぱこの雑誌スゲえ。音専誌だってこんなことしない。今月の「SWITCH」荒木経惟特集。いい写真は心を癒します。


<2003/10/25>
●今日は土曜日、仕事はお休み。夕方までたっぷり寝て、17時から息子を肩車しながら、地元下北沢の街をブラブラ。最近「ガンダム」「シャア」という言葉を覚えた息子のために、プレステ2のゲーム「機動戦士ガンダムめぐりあい宇宙」を購入。ビグロが手強い。
●ビレッジバンガードでは、INCREDIBLE BONGO BAND という連中のCDと90年代の最重要レーベル、CREATION の盛衰を綴ったルポ本を購入。そんでエミネム映画「8マイル」を借りて観る。これまた暗い映画だね、デトロイトに生まれないでよかったな、息子よ。

INCREDIBLE BONGO BAND

クリエイション・レコーズ物語


<2003/10/27>
●仕事で使う資料本をたくさん買ったついでに、毎月購読リストで最上位を占める雑誌「ガンダムエース」の今月号を買う。ランバ・ラルとホワイトベースの白兵戦の回だから見のがしてはならない。しかし最後の頁に「次号、ジャブロー編に突入!」との予告コメントが。えっ!もうジャブローに行くの?!オデッサ作戦とかトリプルドムとかベルファストのミハルさんとか、その辺の段取り全部スッ飛ばしてないか?!そんなコトが気になってしょうがない男30歳の秋でした。
●あと「マトリックス・リローデッド」DVDで見ようとしたが、途中で大爆睡。もしかしてツマンナイのでは?


<2003/10/28>
●昨日途中で爆睡してしまった「マトリックス・リローデッド」を見返す。後半はボチボチ面白かったかな。高速道路でのバトルシーンがイカシます。モーフィアスがサムライソードで敵のバンをブッタ斬るトコとかシビレますね。実はこの撮影のために「高速道路」をわざわざ作ったという話。スゲえっす。息子ノマド (1歳)はキアヌ対100人増殖スミスのバトルに大興奮&テーブルの上でパンチの練習。
●あと、ビクターの人からサンプルを頂きました。グラビアでお馴染みエロテロリスト、インリン・オブ・ジョイトイ JOYTOY 名義でCDデビュー。ロシア風味のデジビート。歌はヤバいけど。でも僕インリンさん嫌いじゃないです。PVかなりエッチな出来のようです。その他、GOING UNDERGROUND、スカバンド SKAPONTAS など頂きました。


<2003/10/29>
仕事の必要性から、もっといい食事をしようと決意。美食家になるぞ!グルメグルメ!ぶっちゃけグルメとか料理なんて1ミリも興味ないし、美味しいか不味いかなんてよく分からないし、食事をギリまで切り詰めて全てをCDやビデオなど趣味に注ぎ込め!という生き方こそ正しいと思い込んでいましたが、今年で30歳、そうはいってられない局面に出くわしました。
●そんでガイド本片手に今日早速行ってみたお店は新宿「活水料理やまと」というお店。豆富料理が充実。この手のお店は「豆腐」ではなく「豆富」と書くそうな。気に入ったのは沖縄の豆富料理「ゆし豆富」。魚だしの汁に崩れた豆富が浮いております。あと百合根豆富饅頭。百合根って初めて食った。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/688-b8ba6cf1