金魚のニーニーちゃんが死んじゃった。
夏の暑さに失敗した。少々エサをやり過ぎたんだと思う。ニーニーちゃんが食べ残したエサが上がった水温で腐り、大量の微生物を発生させた。ソレがエラに詰まって窒息したんだろう。「赤潮」と同じだ。ホントに水槽の水が真っ赤になってしまったのだから。
●去年の9月。お祭りの金魚すくいでもらってきた金魚。ニーニーちゃん(←ヒヨコ命名)は、「金魚すくい」という非常にタフな環境下をしたたかに生き抜いてきたサヴァイヴァーで、実に戦闘的な性格。同じ水槽にいれた金魚を激しく攻撃するなど、荒っぽくてササクレ立ったハートの持ち主。がゆえに、仲間と別々の水槽に入れてやらないといけなかった。濾過フィルターをそなえたコメちゃんの水槽で、二匹仲良く暮らせたら「赤潮」で命を落としたりはしなかっただろうに。

P8114829.jpg

(右側の水槽がニーニーちゃんの水槽。水が赤い。立て向きになって彼は死んでた。)

P8114828.jpg

●娘ヒヨコ1年生は、死んでしまったニーニーちゃんと、ちょっと少しの間一緒にいたいと言って、水槽の前に座り込んだ。ヒヨコなりの弔いの儀式である。ニーニーちゃんにナニを語りかけていたかは、わかりません。兄ノマドはそわそわして「ホントに死んじゃったの?」と動揺気味。ヤツは現実を認めたくないらしい。翌日コドモたち二人は、ニーニーちゃんを庭に埋葬してやりました。




読書。さくっと「Jブンガク」。
●30歳を超えてからあまり小説を読まなくなっちゃった。何でだろ? だからサクッと読めるナニかを読んで、「小説神経」を復活させようと思った。古本屋の100円コーナーで見つけた獲物を、カフェで読む。

阿部和重「インディヴィジュアル プロジェクション」
阿部和重「インディヴィジュアル プロジェクション」1997年
●ボクの個人的な印象では、この作品がその後の「Jブンガク」って言葉の走りになったような感覚なんだけど。装釘/常磐響さん。渋谷のレコード屋(ドコだか忘れた… ZEST ?当時はそれも有名だったはずなのに…)の中で、女の子が、アディダススーパースターと、薄手のタンクトップ(&ノーブラ)を身にまとい、そして少しパンティをずり下げる。このポースが鮮烈でした。その後の「おしゃれなヌード ちんかめ(雑誌「SMART」掲載)」まで発展するエロオシャレ路線のデザインが実に「渋谷系」です。内容とはほぼ関係ないんだけど。
●かつて不思議な団体に関わったことで特殊な能力を身につけてしまった主人公が、渋谷という街の中でアレコレややこしい事件や陰謀にまとわりつかれ、いつしか日常と非日常があいまいになってしまい、リアルなもんは暴力だけという状況に放り出されていく感覚。膨大な「記号」と「情報」の荒波だった「渋谷系」時代の中で、確かなモノは殴り殴られて感じる痛みと興奮、そんで時々殺人。なるほど、あの時代はそういうことだったのか。今のリアルは? ボクにはある。ビョウキでイカレタ不自由なカラダと、日々成長していくコドモたち。ボクは老いていくが、コドモたちはコレから強くなっていく。ソレを受け止めるのがボクのリアルかな。


鈴木清剛「ロックンロールミシン」
鈴木清剛「ロックンロールミシン」1998年
●この段階で、帯に「J文学」というコトバが入っている。裏表紙は、ラフォーレ原宿の入り口にタムロする若者たち。アソコのバショには当時トビキリヒップなファッションで着飾った女の子男の子が集まり、ストリートスナップ専門誌「FRUIT」が彼らの姿を切り取ってた。そのキラビやかなセンスは海外にも紹介されて、あの瞬間、トウキョウは地球の重力から自由になった妖精の住んでいるバショみたいになってた。この小説は、そんな時代の風を受けた内容だった。
4人の男女が、自分たちのブランド立ち上げを目指し、誰も見た事のないような服を作る。無謀と思えるような若者の挑戦が、立派にセイシュンのセイシュンたるモノを表現してて、そんでソレは正しく「ロック」なのです。ファッションデザイナーになりたいと夢見るヒヨコのコトをイメージしながら読んだな。いつか、ヒヨコも信頼出来る仲間たちとオリジナルの服を作ろうと、汗かきベソかき頑張るだろう。その際には、ヘンなオトコには引っかからないで欲しいと、切に思ったりもする。
●ファッションが、ロックのような自己表現と同一線になるんだと思い出させてくれた作品。振り返れば、山本寛斎さんとか、ロックな生き様なデザイナーはいるんだよね。ボクだって、学生時代はTシャツを作って売ってたんだもん。




●ああ、そうそう、「むずむず脚症候群」のクスリ、わりとイイらしい。少し足が楽になった。あと、胃腸薬のタケプロンイチゴ味なんですよ。なんで?ウザイから!

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/734-f68e41a0