●具合が悪くて会社を早退。週末しっかり休んだはずなのに、疲労と虚脱感、悪寒と震えが治まらない。一体どうしたらいいのか? いつもの病院へ行ってクスリを多めにもらったら、薬局での支払いが8000円!ボクはカラダを壊してから外食も飲み会もめっきり減らしたが、同じだけの医療費を使ってしまってる。領収書を集めておいて年末調整で申告しないと。このペースじゃいくらか税金返ってくるぞ。

そんな病弱オトコの読書生活。

陰日向に咲く 陰日向に咲く
劇団ひとり (2006/01)
幻冬舎

この商品の詳細を見る

劇団ひとり「陰日向に咲く」
●微妙に絡み合う5つの短編小説。遠目に見たら見事負け組の、トホホな人々の小さな生活小さな出来事。そんな彼らへの著者のまなざしが優しくて。不器用で人生を利口に立ち回れない人達への慈愛に満ちたシンパシー。仕事に煮詰まっている時に読むにはチトつらいかも。ボク自身が人生脱落寸前ですから。

引き続いて、マンガ生活。

刑務所の中 刑務所の中
花輪 和一 (2000/07)
青林工芸舎

この商品の詳細を見る

花輪和一「刑務所の中」
●さらに大きく人生踏み誤って見事「塀の中」に転落した人々の実録マンガがこちら。拳銃不法所持で3年の実刑を喰った著者による、超リアリズムな「塀の中」ドキュメント。給食の一品一品から支給される下着の材質、週刊誌のクロスワードパズルやって懲罰房に連れて行かれるなどなど、微に細にわたって刑務所ライフを紹介している。細部への表現にコダワるばかりに、なんで刑務所に居るの?とかいったヤヤコしい事情は全部消え失せて、ノンキとすら思える静かな服役生活だけが淡々と綴られてる。下手すると外より居心地イイんじゃないのと錯覚しそう。

できるかなクアトロ できるかなクアトロ
西原 理恵子 (2007/04/25)
扶桑社

この商品の詳細を見る

西原理恵子「できるかなクワトロ」
サイバラ女史が、無茶な挑戦に体当たりする実録マンガシリーズ第四巻。インドのオカマさん「ヒジュラ」のコミュニティで集団生活するとか、気温40度を超えるゴヒ砂漠で化石発掘を体験するとか。地球と人生の辺境地域を地獄巡りするパワーに笑わされ励まされ。

デトロイト・メタル・シティ 3 (3) デトロイト・メタル・シティ 3 (3)
若杉 公徳 (2007/04/27)
白泉社

この商品の詳細を見る

若杉公徳「デトロイト・メタル・シティ」3巻
●人生の不可抗力で、デスメタルの世界に放り込まれた主人公の成り行き任せロックトレインの行き先はどこへ。デスメタルの祭典「サタニックエンペラー」開幕。

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 15 オデッサ編・前 (15) 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 15 オデッサ編・前 (15)
安彦 良和 (2007/05/26)
角川書店

この商品の詳細を見る

安彦良和「起動戦士ガンダム THE ORIGIN」15巻
●迫り来る水陸両用モビルスーツと、哀しみの女スパイ・ミハルの死。大西洋を血に染めて。カイシデンが男を見せる超有名なエピソード。「ミハル、いなくなっちまって…」

GANTZ 21 (21) GANTZ 21 (21)
奥 浩哉 (2007/05/18)
集英社

この商品の詳細を見る

奥浩哉「GANTZ」21巻
●未だ全容の見えぬ殺人ゲームが新展開。大阪を舞台に一般人を巻き込んで妖怪型異星人と激突&殺戮。この先の見えない戦いは地球を舞台にした異星人の代理戦争なのか?

ホタルノヒカリ 8―IT’S ONLY LITTLE LIGHT IN MY LIFE (8) ホタルノヒカリ 8―IT’S ONLY LITTLE LIGHT IN MY LIFE (8)
ひうら さとる (2007/04/13)
講談社

この商品の詳細を見る

ひうらさとる「ホタルノヒカリ」8巻
日本テレビ系にてドラマ化決定(主演:綾瀬はるか)。本性はダメ人間の”干物女”、真の恋愛に到達するまであと一歩。そこで彼氏に、上司高橋部長との奇妙な同居生活をカミングアウトするが…。ただの自爆なのか、何かに辿り着くための避け得ぬステップなのか?

鈴木先生 2 (2) 鈴木先生 2 (2)
武富 健治 (2007/02/28)
双葉社

この商品の詳細を見る

武富健治「鈴木先生」2巻
●中学教師の日々の葛藤をリアリズムで伝える問題作。「教育」という美名で括られる、奇妙で不格好な人間関係(先生対生徒、先生対先生、生徒対生徒)の摩擦とストレスにジリジリする生真面目な鈴木先生に報いはあるのか?

今日のBGM。

Magic Windows Magic Windows
Herbie Hancock (1996/11/04)
Sony Jazz

この商品の詳細を見る

HERBIE HANCOCK「MAGIC WINDOWS」1981年
●半世紀近いキャリアの中で、この人はホントに様々なジャンルにチャレンジしてきた。古典派ジャズを基盤に、ファンク、ヒップホップ、ドラムンベースにまで食指を伸ばしている。さすが MILES DAVIS の高弟の一人。81年の本作ではディスコファンクに挑戦。BILL LASWELL と組んでヒップホップに挑んだ「ROCK IT」の直前期。

The Dude The Dude
Quincy Jones (1990/10/25)
Mercury

この商品の詳細を見る

QUINCY JONES「THE DUDE」1981年
●こちらもベタベタなディスコに挑戦。大島渚にインスパイアされた「AI NO CORRIDA(愛のコリーダ)」を収録。プロデューサーを努めた MICHAEL JACKSON の大ヒット作「OFF THE WALL」「THRILLER」の間にリリースされてます。一番ノッてた頃の作品ということでしょうか。

Control Control
Janet Jackson (2004/07/13)
Universal IMS

この商品の詳細を見る

JANET JACKSON「CONTROL」1986年
マイケルの話がでましたので、ついでにイモウトさんも。この後ずっと続くプロデューサーチーム JAM & LEWIS との仕事の一番最初。子役上がりのアイドルからアーティストにステップアップした最初の一歩。今の耳にはチト軽すぎるけど。この次に繰り出されたコンセプトアルバム「RHYTHM NATION 1814」こそ、当時高校生だったボクには衝撃的でした。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/74-b258051a