ウチの娘、ヒヨコが字を読んでる。ビックリ。
●アニキのノマドは、比較的読書に抵抗がなくて、幼稚園の頃から自分なりにマンガや図鑑を楽しむオトコだ。漢字の仕組みにも興味を持ってるし、カードゲームの細かいルールも必死に読んで理解する。しかし、イモウトのヒヨコは書物にも文字にも全く興味がない。バカである。100%感覚のママに調子良く生きているので、文字を読む必要をテキトーにかわして生きている。
なのに!生まれて初めて真剣にホンを読んでいる。ビックリである。キッカケは「ウサギ」である。

ヒヨコは突然、ウサギを飼いたくなったのだ。小学校の遠足で、動物園のモルモットをダッコしてから、小動物が飼いたくてしょうがないとボクに訴えるようになった。それがいつしか「ウサギ」を飼うというコトになってしまった。あんまり毎日「ウサギかってウサギかって」とウルサいモンだから、「ヒヨコ、それでは自分でウサギの飼い方を本で調べてきなさい!パパはウサギのコトは全くワカラナイし、もし飼うとしてもお手伝いしないぞ。ヒヨコがいっぱい調べて全部お世話できるようになるなら考えてやる」と言ってやったのだ。
●そしたら、学校や図書館からたくさんウサギ関係のホンを借りてきて、熟読してやがるのである。そんでホンで得た知識をイチイチボクに説明しにくるのだ。「パパ、ウサギはね、ちゃんとトイレでオシッコするんだって!」「ウサギのゴハンは、アサとヨルの2かい!」……おお、コイツホントにホンを読んでやがる。今まで全く読めないと思ってたのに。

P1001424.jpg


さらには、読書で得た知識をメモ用紙に写し取って、冷蔵庫に磁石で貼付けるのである。

P1001423.jpg

「たべていいはっぱ。しろつめくさ。くず。おおばこ。たんぽぽ。」
「ちゅうい みみは、ぜったいつかまないこと。
 ぶらしや、つめきりは、うさぎようにしましょう。」

「うさぎのかうもの 1ゆかざい 2トイレ 3えさ 4かじりき 5きゅうすいき」

「そうじのしかた まず ぜんぶきれいに みずであらいます。
 そのつぎ たいようで しょうどくします。」

「たべもの(おやつは、たべすぎない)
 たべていいもの(じしんがあるもの)にんじん きゃべつ ラビットフード ぶろっこりい
 わからないもの とうもろこし りんご おれんじ きぬさや きゅうり ばなな かほちゃ
 ぜったいたべちゃいけないもの ちょうせんあさがお あさがお しゃくなげ
 きょうちくとう たけにぐさ ようしゅやまごぼう にちにそう」

●サスガにココまでされると、ボクも心を動かされる。しょうがない、そのツモリはホントになかったのだが、ウサギの飼育が現実的に可能なのか検討することにした。ヒヨコ、パパもウサギの本を読んでみるから、どれかイイ本を貸してくれ。「えーとね、このホンはハジメはエがおおいけど、アトはジばっかりだから、パパにぴったりだよ」…なんだよ、難しい部分は読めないなりにちゃんとチェックはしてるのかよ。くそーこのままだと、ヒヨコの熱意に負けて買ってしまいそうだよ…。

●一方で、「ヒヨコ、いちどでいいから、ハムスターちゃんがやってる、くるくるまわるヤツをやってみたい」とか言ってるのを見ると、やっぱバカだなあと思ってしまう…。

ハムスターがくるくるするヤツ ウチの娘(小学一年生)がチャレンジしたいモノ。




●今日はテクノだよん。

「WIRE 09 COMPILATION」

「WIRE 09 COMPILATION」2009年
電気GROOVE石野卓球がオーガナイズする国内最大級の屋内型レイブイベントも、1999年からスタートして、今年で11回目になりました。継続はチカラなり。スゴいねえ。
●で、この二枚組のコンピを聴いてます。もちろん現場・横浜アリーナまで行ける訳もないボクには、そのレイブの気分をこのCDでほんのり味わう訳です。……でも、昨今のエレクトロモノに耳が聴き慣れてしまったのか、最新型で王道、かつ直球のミニマルテクノはやっぱストイックかつ地味で少々ビターに聴こえる。ボヨボヨボヨボヨボヨン…とアシィッッドな低音が地鳴りを起こしてますが、あまりに一本調子でシンドイ。これがDJのセットに組み込まれてたら全然違って聴こえるんだろうけど、ユッタリした展開の1曲7分間一本勝負は、今のボクには苦いです。
●でも、テクノって、ホント国境を軽々と超えていく普遍的フォーマットなんだなーと、今一度改めて関心。ボケーッと聴いてると全部一緒に聴こえるけど、その参加アーティストの出身地は、ロンドン、ベルリン、フランクフルト、ストックホルム、ナポリ、パリ、アムステルダム、サンパウロ、そしてここトーキョーと、広く世界に散らばっており、世界共通言語になってる趣きです。
●日本からは、もう15年以上のキャリアとなったシーンの重鎮、KEN ISHII 田中フミヤ(二人のプレイはそれこそ10年以上前にはよくクラブで彼らのプレイを聴いたものだよ…新宿にあったリキッドルームとかでさ)、そんで石野卓球の高弟と見てた DJ TASAKA が参加。デュッセルドルフのアシッド大魔王 HARDFLOOR まで降臨してます。一方で、ブラジルのシーンを代表する GUI BORATTO とかに個人的には興味津々。イタリア・サルディーニャ島出身の DUSTY KID ってヤツも気になるし、ベルギーの JORIS VOORN ってヤツのトラックもハウシーな感覚が色気をまとっていてカッコよかった。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/773-85d86987