2007.04.06 2007/04/06(FRI)
ワイフから風邪を伝染されて、また調子が悪くなった。
●頭痛と咳。今日1日会議打合せでずっとしゃべり続けていたら声が潰れてしまった。ブルースがかったハスキーボイス。週末はひたすら黙りこくってリカバリーせねば。

今週のソウルミュージック。2枚行きます。

p3865-mid.jpg

THE TEMPTATIONS「HERE TO TEMPED YOU」1977年。
テンプスといえば名門 MOTOWN の全盛期を支えた看板選手。60年代のズバリモータウンなポップスも、70年代前半のサイケデリックファンク路線も大好きである。しかし、そんなテンプスモータウンに冷遇されて、一時期脱退してたってことを今回初めて知った。このアルバムは、古巣を飛び出して ATLANTIC でリリースした2枚のアルバムのうちの1枚。フィラデルフィア・シグマサウンドスタジオでの収録。完璧なフィリーソウルに仕上がってる。隠れた名盤ってヤツ? かなりイケてますよ。

p3823-mid.jpg

BROOK BENTON「TODAY」1970年。
●これは一曲目のバラード「RAINY NIGHT IN GEORGIA」に尽きる。「ポロロン…ポロロン…」と甘くメランコリックに響くギターのイントロだけでゴハン3杯イケます。ジョージアの雨の夜…雨の夜…雨…雨…雨…。全く救いのない暗い歌詞なのに、優しく沁みる声が温かい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://unimogroove.blog4.fc2.com/tb.php/91-3f52937e